日本、5Gより20倍速い6G機器世界初公開

Estimated read time 1 min read





私:デールアラサ3日前


世界中でインターネット接続が向上し、技術が大幅に発展しています。 これにより、当社のデバイスとアプリが実際の使用にさらに効率的になります。

デジタル化をさらに一歩進めるには、まずグローバル接続性を高める必要があります。 最近は5Gのインターネット速度がありますが、もっと必要があります。

読む:OpenAI Japanオープン

幸いなことに、日本企業は世界初の6Gデバイスを開発し、これまでにないインターネット接続の未来を現実に近づけました。

日本企業はこの6G機器をどのように作りましたか?

これは世界初の6Gデバイスを表します。
Pexelsの無料写真素材

オンライン接続開発者DOCOMOの公式プレスリリースは、6Gプロジェクトの詳細を共有します。

DOCOMO、NTT Corporation、NEC Corporation、Fujitsuが2021年からこのデバイスを開発してきたと説明しています。 各企業は、以下の研究開発部門を処理しました。

  • ドコモ 100GHz通信アプリケーションの無線システム構成を分析した。 また、100mの範囲で最大100Gbpsのデータ伝送速度を持つ無線伝送装置を作成しました。
  • NTT株式会社日本最高の通信プロバイダーは、100メートル以上でチャンネルあたり100Gbpsをチャネリングできる高度な300Ghzデバイスを開発しました。
  • NEC日本のIT企業は、100以上のアンテナ素子を備えた多要素能動位相アレイアンテナ(APAA)を製造しています。
  • 富士通日本の電子会社は、100GHzおよび300GHz帯の信号を高い出力と効率で増幅できる半導体を作りました。

その結果、彼らは世界初の6Gデバイスを作成しました。 Interesting Engineeringは、毎秒5つのHDムービーを同時にストリーミングできる容量を説明します。

6Gとは何ですか?

6Gデバイスがより速いインターネットを提供するだけであると仮定するのは簡単ですが、長期的に大きな影響を与えます。

技術教育および採用会社であるBuiltinは、6Gを「セルラー技術のための第6世代モバイルネットワーク」と定義しています。

読む:科学者たちは超強力レーザーを作ります

6Gは、世界中でバッファリング、遅延、切断を排除できると言います。 さらに重要なことは、マシン間の接続を強化し、「モノのインターネット」の未来を実現することです。

モノのインターネット(Internet of Things)は、すべてのデバイスがオンライン接続を介してより機能的に変化するビジョンです。

今日、世界には1ミリ秒あたり20GBを転送する5Gがあります。 対照的に、6Gはマイクロ秒あたり1TBを提供します。

カーネギーの電気工学とコンピュータエンジニアリングの助教授であるSwarun Kumarは、「より高速な無線通信は、より高速なビデオストリーミングやファイルのダウンロードだけでなく、ネットワーク接続された車両、スマートファクトリー、共同仮想、拡張現実に至る新しいアプリケーションの可能性を意味します」と語った. 。 メロン大学。

スウェーデンの通信サービスプロバイダであるEricssonは、6Gデバイスは、精密医療、スマート農業、デジタルツイン、ロボットナビ、その他の高度な技術を提供すると述べました。

欧州連合執行委員会のウェブサイトは、欧州連合と日本が6G、AI、その他の技術開発に関するデジタルパートナーシップを再確認したと発表した。

その結果、これらの協力によりさらなる革新が促進されるため、最初の6Gデバイスは最後ではありません。

すぐに浮かぶ太陽の国の外の誰もが6Gの恩恵を受けることができます。


READ  日本航空、CHAMP APIゲートウェイの実装
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours