日本、6カ年経済財政プログラムの下で1%成長目標

0 min read

政府は経済目標を半分水準に下げ、2025年4月から6年間実質経済成長率1%前後を目指していると消息筋は伝えた。

岸田文雄首相は去る6月4日経済財政政策協議会で2025~2030会計年度経済財政管理政策計画を設けるよう政府関係者に指示した。

岸田首相は6カ年「経済財政新生計画」は、財政健全性回復とともに安定して1%以上の実質経済成長を達成することを目指していると述べた。

この計画は今月末までに編成される「経済財政管理および改革基本方針」に含まれる予定だ。

約1%の経済成長目標が6カ年計画の基礎となるでしょう。

前の目的は実質2%、名目3%の成長だった。

2023年度に日本経済は実質基準で1.2%成長しました。

今回の6カ年計画は、2025年度に中央政府と地方自治体の経常収支黒字を確保するという現行の財政健全化目標を継承することだ。

基本収支は公共負債に対する純利子支給を除く財政収支である。 基礎収支黒字は、負債を除く収入が政策支出を超えるという意味だ。

中央政府と地方政府の未償還負債は国内総生産(GDP)の2倍以上に達し、公共財政の持続可能性を脅かしている。

経済財政政策協議会では、民間委員4人が共同で基礎収支黒字を確保しても、適切な財政収支目標設定を政府に促した。

2030年代には人口が急激に減少すると予想されるため、経済財政管理政策計画は2030年度まで6年間とする。

政府は経済財政政策協議会会議で経済財政管理基本政策と改革概要草案を提示した。

デフレの完全な克服に向けて」というフレーズも含まれた。 京畿扶養のために政府が財政支出に依頼し続けることもできるという意味だ。

READ  Sony、「Xperia 5 II」の商品化を発表! 今秋以降発売予定 - iPhone Mania
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours