理科

日本、6月からペット犬・猫にマイクロチップ移植義務化

去る1月、東京大田区のあるペットショップ付属施設で獣医師が子猫にマイクロチップを移植している。 読売新聞

TOKYO – 改訂された動物福祉と管理に関する法律に基づいて、6月からペット犬と猫にマイクロチップを移植し、所有者の連絡先情報を登録することが義務付けられています。

飼育会社とペットショップは、犬と猫を販売する前にマイクロチップを移植する必要があります。 新しい規制の目的は、飼い主がペットを簡単に捨てないようにし、飼い主が失ったペットと再会するのを助け、捨てられる失われた動物の数を減らすことです。

東京の大型ペットショップ運営会社であるP’s-first Co.の関係者は、「ペットにマイクロチップを移植すれば、主人が生涯ペットショップの世話をしなければならないという決意と責任感を持つようになる」と話した。 「ほとんどの顧客 [the importance of implanting a microchip]」

2006年以来、同社は自発的に販売するすべての犬と猫にチップを移植しました。

犬と猫用のマイクロチップは直径2mm、長さ1cm程度の円筒形である。 それは動物の首の後ろのような部位に注射器で挿入される。

チップには15桁の識別番号が記録されており、所有者の名前、住所、電話番号などの民間企業が運営するデータベースに登録されている情報にタグが付けられています。 道端や他の場所でペット犬や猫が見つかった場合は、チップに含まれる情報に基づいて所有者に連絡してください。

このようなチップの使用を促進した日本獣医社会によると、チップを移植するときは、太い針付きの注射器を使用するが、痛みは一般的な注射器と同様である。 協会はまた、副作用がほとんど報告されていないと述べました。

6月1日、法改正が施行されると、飼育者と事業体は販売する犬と猫にマイクロチップを移植しなければなりません。 彼らは、国のデータベースに動物の名前、性別、品種、コートの色、およびビジネス名を登録する必要があります。

動物を購入する所有者は、名前、住所、電話番号、その他の情報も登録する必要があります。

改正された法律は、個人から犬や猫を所有したことがあるか、またはすでにそのような動物を所有している所有者がペットにマイクロチップを移植するように努力することを要求します。

東京にある日本のペットフード協会によると、ペット犬と猫の数は1605万匹と推定されています。 昨年新しく育てる犬は40万匹、猫は49万匹だ。

犬と猫のためのマイクロチップ

犬と猫のためのマイクロチップ。 読売新聞

希望、懸念

ペット所有者はマイクロチップについてさまざまな意見を持っています。

千葉県木見市に住む61歳の女性は「子犬にチップを移植しなかったことを後悔する」と話した。

2年前、県にある親戚を訪れた時、柴犬が首筋が解けた後、行方不明になりました。 その女性は自分の犬を検索し、インターネットに犬の行方に関する情報を要求しましたが、手がかりを見つけることができませんでした。

彼女の犬が消える前に、獣医は子犬にマイクロチップを移植するように勧めました。 しかし、彼女は「私たちの子犬は老いていて大丈夫」と断った。

「他のオーナーがそのような困難を経験しなかったらと思います。 チップを移植するよう促す」と付け加えた。

一方、58歳の会社員はペットにマイクロチップを入れることを嫌がる。 彼女は東京渋谷区にある公園で二匹のプードルを散歩させながら「愛する犬が痛みを感じたくない」と話した。

東京に拠点を置く日本トレンドリサーチが12月から1月まで実施したオンラインアンケートによると、ペットにマイクロチップを移植していない犬や猫の所有者340人のうち56%がペットにチップを挿入することに賛成なかった。 彼らのペット。 回答者の18%だけがペットにマイクロチップを移植することを望み、27%は決定しませんでした。 ペットにチップを与えたくない理由で多くの回答者が「貧しい」、「生物にチップを移植するのは非倫理的だ」と答えた。

20,000匹以上の動物が殺された。

マイクロチップの移植を義務付けたのは、捨てられる無所有動物の数を減らすことです。

環境省によると、2020年度基準の全国動物福祉センターと保健所から保護所に移送された犬と猫は約7万2400人余りだ。 このうち約2万3700匹が飼い主に戻らなかったか、新しい飼い主に養子縁組されなかった。 その結果、彼らは最終的に降りた。

横山杏志(千葉副局長)は「保護対象となった犬と猫のうちマイクロチップが移植された場合はごく一部に過ぎないため、保護された犬と猫を飼い主に返した事例は多くない」と話した。 毎年約2,000匹の動物を収容する県立動物保護センター。 「全国的にマイクロチップを義務化すると、返品率が高まり、ペットの有機が抑制されることを願っています」

大京理科大学の副教授であり、動物福祉の専門家である孝明暁さんは、マイクロチップが大型災害で飼い主とは別のペットを見つけるのに役立つと述べた。

チップ移植による苦痛とチップの安全性については、「政府が関連資料を積極的に公開し、ペットの飼い主の懸念を払拭させる必要がある」と述べた。

Kakuma氏は、「チップが小型化し、顔認識などの生体認証を用いた他の識別方法が近い将来に開発されることを願っています」と付け加えた。

関連ストーリー

日本、実向民ウク​​ライナ人ペットの規定緩和

日本のペットロスカフェは哀愁するペット所有者のための聖域です。

日本の老齢ペットが老人看護ブームを起こしました。

日本の会社員が誤ってアライグマを子猫に採用

毎日のニュースレターの購読

次の読書

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

購読 エンクワイアプラス The Philippine Daily Inquirerや他の70以上のタイトルにアクセスし、最大5つのガジェットを共有し、ニュースを聞き、夜明けにダウンロードし、ソーシャルメディアで記事を共有します。 896 6000に電話してください。

READ  マンモスを忘れなさい - これらの科学者たちは、DNA編集を通して絶滅したクリスマスアイランドラットを復活させるよう努めています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close