トップニュース

日本、6月にCOVID-19ワクチン募金サミット共催

日本、アメリカ、ヨーロッパ諸国が6月オンラインサミットに参加して、発展途上国のための無料コロナウイルス対策ソフトウェアの拡大について議論するとNikkeiがわかりました。

日本、米国およびその他の国の管理は、木曜日に、日本の外相であるToshimitsu Motegiがビデオメッセージを介して、日本が努力に「可能な限り多くの貢献を続けるだろう」と言って準備会議を開催しました。

会議は、日本の首相である菅義弘ところバイデン米大統領との会談のためにワシントンに向かいながら開かれた。

日本は6月にGaviワクチン同盟と一緒に政府伴うと相会議を共同開催する予定である。

議題はCOVAX施設の金銭的貢献を増やすことです。 COVAX施設はコロナウイルスを集めて公平なアクセスを提供するために配布します。 約90個、低中所得国は、この物品を受け取ります。

昨年秋に始まったCOVAX施設は現在、31の国と地域で寄付を受けています。 米国はバイデンが大統領に就任した後、1月に参加するという意思を明らかにした。

寄付金は、開発者からのワクチンを購入するために使用されます。 COVAX施設が2021年に約20億ドルの資金不足に直面していることにより、寄付国は、より多くの寄付をするように促しました。

COVAXファンディング契約の面では、米国は25億ドル、ドイツは11億ドル、英国は7億3,500万ドルで首位を走っています。 日本は2億ドルで5位を獲得した。

中国とロシアは、独自に開発したコロナウイルスワクチンで発展途上国を支援しています。

READ  年末年始の延長を議論コロナ分科会後近江会長と西村大臣会見(2020年10月23日) - YouTube

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close