スポーツ

日本、7月から「ワクチンパスポート」を発行開始

東京

加藤ガッツノブ閣僚は、定期的に記者会見で、「迅速な発行を準備するために、まず、紙に予防接種証明書を発行するものであるが、デジタル形式で発行することも検討する」と述べた。

この問題に精通している情報源によると、新型コロナウイルスの予防接種を受けたことを証明する文書を持っている人が海外でより多くの活動を行うことができると新華社通信が報じた。

日本政府は、予防接種の状態を確認する書類を所持した市民が免除をしたい、または旅行するとき検疫期間を短縮することを望んで消息筋は伝えた。

ここで、政府は、他の国に、これを遵守することを要請していると付け加えた。

一部の経済界では、海外経済が再開され、海外旅行が増えることを期待して旅券発給をできるだけ早く促している。

日本の地方自治団体の発行する証明書は、政府の予防接種の記録をもとに無料で提供されます。

一般旅券所持者に提供されます。

ワクチンパスポートには、日本語と英語で書かれた情報と一緒にワクチンメーカーも表示されます。

日本の公営放送NHKは政府がオンラインで申請することができる証明書のデジタル版も発行することができると明らかにした。

これまでの予防接種のパスポートの申請は、自治体から直接お申し込みください。

READ  コロナウイルス診断を受けた6人の追加オリンピックの聖火リレーの従業員

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close