日本、70年ぶりにローマ字表記法の見直し

Estimated read time 1 min read

森山正人文部科学賞は火曜日諮問団に70年ぶりに日本語ローマ字表記システムを見直してもらうよう要請した。

文化委員会は、現在使用されているさまざまなローマ字表記スタイルを組み込むことを含む、日本語をラテンアルファベットで表記する方法を検討します。 議会は早ければ来年の春報告書を提出することを目指している。

ローマ字表記に関する1954年の内閣告示は、次のようなスタイルを設定しました。 クンレイシク 標準として。 しかし、さまざまなスタイルのヘップバーンローマ字表記が現在、パスポートや道路標識に広く使用されています。

日本人 ガーナ 「chi」で発音される音節は、クンレイシクスタイルでは「ti」、ヘップバーンスタイルでは「chi」と表記されます。

去る3月、委員会小委員会は、政府が1954年告示を発表したとき、日本語の文章を作成するためにローマ字表記が使用されると予想したと述べた。 ただし、ローマ字表記は、場所や人の名前などの固有名詞を表記するために一般的に使用されています。

グンレイスタイルとヘップバーンスタイルに加えて、「東京」や「judo」などの一部の単語は、英語の綴りによるローマ字表記として国際的に使用されています。

政府は議会議論を経て、1954年の内閣告示改正の可否を検討する予定だ。

READ  日本は宇宙船が月に着陸しながら歴史を作りました。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours