経済

日本、8月の経常収支黒字の減少

日本の8月の経常収支の黒字は、エネルギー輸入コストの増加に起因する貿易赤字のため、前年同期比20.1%減の1兆6700億円(150億ドル)と財務省が金曜日た。

日本が86ヶ月目の黒字にとどまったが、黒字は6ヶ月ぶりに前年比減少したことに気づいた。

8月には収入が輸出よりも多く増加して7ヶ月ぶりに赤字を出した3,724億円の赤字を記録した。

原油輸入は約2.2倍増加した3,695億円、総収入は45.9%増の6兆8,900億円を記録しました。

輸出は鉄鋼や半導体製造装置の出荷が好調で27.1%増の6兆5100億円を記録した。

しかし、東南アジアで急増するコロナウイルスの例によるサプライチェーン中断の影響が見て月に現れ始めており、米国、中国、欧州連合での自動車出荷量が1年前より減少したと国防部の関係者は語った。

部品不足のために生産を抑制する必要がある自動車メーカーの展望が暗くなりました。

日本の基本的な所得は2兆4,300億円で7.6%増加し、これは投資信託のような海外投資収益の増加に支えられています。

サービス収支は1949億円で、前年同期の3,179億円に比べてはるかに少なかった。

日本は旅行制限などで2万5900人に過ぎない旅行収支の黒字を146億円で、前年より25.6%減少した。

選手たちと東京オリンピック・パラリンピック関係者が日本を訪問し、小幅回復した。 オリンピックは7月末から8月初めまでに、パラリンピックは8月末から9月初めまで行われた。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ホンダ、2040年までにガソリン専用新車販売中止

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close