トップニュース

日本、9月末までに緊急事態解除の可能性:厚生労働省大臣

東京 [Japan]、9月26日(ANI / Sputnik):日本政府は、コロナウイルス感染症が原因で、現在の発酵中の多くの県での緊急事態を解除することができると信じている田村狙う久厚生大臣が日曜日に言いました。 現在、日本、東京、北海道、広島、大阪、京都、沖縄など47都道府県のうち19都道府県に緊急事態が発令された。

日本の厚生相NHKが放送し、「新規感染者が減少を続けていると見ている。このような状況では、9月末に緊急事態を解除することができる」と述べた。 長官は、コロナウイルスの5次波のような新たなリスクがまだあることを指摘しました。

長官は「ワクチンを100%接種しても感染の危険性が常に存在する。そのため、既存の制限を緩和するための特定の行動のテストが必要だと考えている」と述べた。 日本政府は、9月28日に緊急事態のために最終的な決定を下す予定だ。

日本はこれまでに約157,000,000回COVID-19ワクチンを投与し、日本の人口の56%が完全に予防接種を受けました。 (ANI /スプートニク)

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  Epic GamesのAppleの戦いでは、Microsoftも参戦!? - iPhone Mania

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close