スポーツ

日本、AFCチャンピオンズリーグ東部大会開催

日本がアジア東部地域チームのために延期された今年AFCチャンピオンズリーグ16強トーナメントを主催すると、この地域サッカー協会が月曜日明らかにした。

アジアサッカー連盟(AFC)によると、イーストゾーンの16強戦、8強、準決勝戦は8月に単版勝負で行われる。

東京の郊外にある埼玉は東で初のノックアウトラウンドを開催します。

ほとんどの中東クラブで構成されたウェストゾーンは、2023年2月までまだ決まっていない場所でノックアウトラウンドを打つことはありません。

東部対進票は韓国ライバルである大邱FCと全北モーターズとタイのPathum Utdと香港のキッチと対戦する。

アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸が横浜F.マリノスと対戦する一方、マレーシアのジョホル・ダルル・タジムは、他の日本チームのウラワ・レッド・ダイヤモンドとの戦いを繰り広げる全日本衝突もある。

大会は、2023年2月に2つの区間にわたって行われる決勝戦まで、東部および西部区域に分かれます。

アジア全域のコロナウイルス制限と11月と12月のカタールワールドカップ開催の準備により、AFCは1月に2022年チャンピオンズリーグの最終段階を2023年に延期しました。

sr/dh

©エージェンシーフランス – プレス

READ  Richard E. Sternagel 1945-2021 | ニュース、スポーツ、採用情報

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close