日本、ASEAN、持続可能な観光競争

1 min read

東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国と日本の大臣は、地域社会に利益をもたらす持続可能な観光を開発することに合意しました。

観光長官特別会話は去る土曜日東京で斎藤哲夫日本国土観光賞が出席した中で開かれました。

観光産業がコロナウイルス大流行の影響から回復している中で、長官たちは持続可能な観光への道を設計するテーマについて議論しました。

両社の共同メディア声明は、地域のユニークな文化や自然の観光スポットを含む高品質の経験を開発することに同意することを明らかにしました。

また、あまり知られていない目的地への訪問を奨励し、革新的な観光のためのデジタル変換を促進することに同意することが示されています。

大臣は、これらの計画は、観光部門でより高い生産性と収益性を達成し、地域社会に雇用を創出し、持続可能な観光につながるのに役立つと述べています。

また、この声明は、環境への影響を軽減し、気候変動の認識を高める上で、その分野の貢献が重要であることを強調しています。

この分野では、環境にやさしい交通手段と再生可能エネルギーの導入について言及しています。

会議終了後、日本の斉藤観光部長官は、記者たちにASEAN諸国との信頼関係が構築され、両側とも地域持続可能性に焦点を当てた観光活動の基盤となると述べた。

READ  日本、領海付近での中国潜水艦の疑い
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours