日本、ASEANの脱炭素化を支援するための財政支援の約束

Estimated read time 1 min read

東京、3月4日(ロイター) – 日本政府は、ASEAN諸国が経済を脱炭素化し、地球気候変動に対処するための努力を加速できるように財政的、技術的支援を約束したと日本産業部長官が土曜日明らかにした。

エネルギー不足の日本は、石炭や石油などの伝統的な汚染化石油燃料への依存を減らすために、世界最高の水素経済に移行することを目指しています。

今年のG7(G7)議長国である日本は5月19~19日、広島で開かれる主要G7首脳会議に先立ち、4月15~16日の札幌で気候・エネルギー・環境大臣会議を開催する。 21、現実的なエネルギー変換と呼ばれることを促進します。

西村康俊産業部長官は、アジアゼロエミッションコミュニティ(AZEC)の閣僚会議で「日本は、アジアの脱炭素化を支援するために財政、技術、人的資源への寛大な支援を提供することに先頭に立つ」と述べた。

AZECは昨年、岸田文雄日本首相がアジア諸国の脱炭素化促進哲学を共有し、エネルギー転換を推進するための協力を目的として提案したのだ。

最新のアップデート

2つの物語をもっと見る

Nishimuraは、ASEAN諸国とオーストラリアの大臣が出席する土曜日に東京で開催される最初のAZEC会議での協力の推進には、再生可能エネルギー、天然ガス、水素、アンモニアが含まれると西村氏は述べています。

日本は今年、G7議長国でガス、液化天然ガス、水素、アンモニアへの投資の重要性を強調しているが、2050年に炭素中立目標を達成するためにクリーンな状態を維持すると、今週の消息筋が語った。

Yuka ObayashiとKatya Golubkovaの報告。 Himani Sarkarの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  完全なSamsung Galaxy Z Flip 5、Z Fold 5仕様漏洩
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours