スポーツ

日本、COVIDによって打撃を受けた地域に対する新しい制限の承認ニュース、スポーツ、採用情報

2022年1月6日木曜日、マスクを書いた人々が日本西部広島で道を渡っています。 日本は、最も影響を受ける南西部沖縄、山口、広島の3地域でコロナウイルス事例の急激な増加を抑制するため、金曜日の新たな制限を承認しました。 (APによる刑務所ニュース)

東京(AP) – 日本は、金曜日に沖縄、山口、広島の最も影響を受けた3つの南西部のコロナウイルス症例の急激な増加を抑制するための新しい制限を承認しました。

「突然の感染急増で医療界は近いうちに大きな負担になる危険がある」 ヤマギとダイシロコロナ19対応担当長官は政府パネル会議で語った。

新しい措置には、レストランの早期閉店、アルコール飲料の販売禁止、大規模なイベント制限などが含まれる。 日曜日から始まり、今月末までに続くこれらの措置の詳細は、地域レベルで決定され、異なる場合があります。

日本は過去2年間、東京を含むさまざまな地域で同様の規制を受けました。 活動制限の最後のコマンドは9月にリリースされました。

今回は伝染性の高いオミクロン変異体の拡散が米軍が居住する県を先に強打したようです。

日本に駐留した米軍5万5000人の大部分が駐留している沖縄の確定者は、1週間の間に30倍も急増した。 沖縄政府の管理によると、前日981人から増加した1,400人の新しい事例が金曜日に報告されました。

岩国基地のある山口や近隣の広島でも、確定者が日本の他の地域よりも早い速度で増加している。

入院が急増できるという懸念が高まっている。 専門家が深刻な事例を予防すると言うブースター注射は、医療専門家をはじめ、人口の1%未満に与えられました。

ほとんどの人は、米国疾病管理予防センター(CDC)が推奨する期間である2回目の接種後6ヶ月以上待つ必要があります。

年末年始の旅行データによると、人々は感染症以前よりも移動が少なかったが、家に滞在するのがどれほど疲れていたかを強調した。 店、バー、通りは最近混雑しています。

日本はこれまで約18,300人のCOVID-19関連死亡者を報告しました。 政府の最近の動きは、公衆に警告を送信することです。

ニュースレター

すでに毎日ニュースレターを受けている何千人もの人々と一緒にしてください。

READ  日本野球殿堂、2021年のクラス公開

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close