トップニュース

日本、COVID事例の反騰、専門家は新しい波について警告

日本政府が土曜日日本全域でCOVID-19事例が反騰していることが分かりました。 専門家が感染の別の復活が差し迫った可能性があると警告したので、政府のデータは土曜日に現れました。

政府データによると、日本が事業制限およびその他の規制を伴う準緊急措置を完全に解除してから2週間が経過しておらず、日本の47都道府県のうち44都道府県から1週間の間に確認された新しいコロナウイルス事例数が増加しました。

ファンデミック状況を監視している政府パネルの専門家は、政府が昨年1月の6次感染の拡散を抑制するために準緊急措置を実施した後、1か月以上毎日新しい事例が徐々に減少していましたが、最近増加する状況を注意深く監視する必要があると言います。 ティーンエイジャーの間で感染が顕著に増加しました。

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散防止のため、2022年4月2日、仙台で楽天イーグルスとソフトバンクホークス間の日本パシフィックリーグ野球競技が取り消されたという案内板が付いている。 (刑務所)

土曜日に全国で48,825人の新しいCOVID-19症例が報告されており、これは明らかにオミクロン株の伝染性の高いBA.2変異が広がり、1週間前より約1,500人が増加した。

重症症状を示すコロナ19の確定者は518人で、15日より15人減った。

他の国でも、Omicron subvariantがウイルス対策を緩和した時期に支配的なCOVID-19バリアントになり始め、コロナウイルス症例が増加しています。

日本は3月21日、東京など一部地域に対する準緊急措置を終了し、一度に36都道府県で施行した後、これを全面解除した。

READ  「iOS 14.2.1」配信開始iPhone 12 ProでApple ProRAWでの撮影が可能! - ASCII.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close