理科

日本、COVID研究分野で他のG-7諸国よりもはるかに遅れ

日本は新種のコロナウイルスに関する研究で他の先進国に遅れています。

日本科学技術庁傘下の研究開発戦略センターの辻浩宏(Masahiro Tsuji)研究によると、2020年に日本は研究者らがコロナウイルスに対して生産した1,739の科学論文で国の16位を占めました。

昨年日本の順位は3,551件で14位まで上がった。

今年5月基準で日本は1,600本の論文で12位を記録した。

ランキングは、日本が生産された科学報告書の両面で、他のG7諸国の中で最も低いパフォーマンスを示しています。

アメリカはその3年間で1位を維持しました。 中国、イギリス、インドは同じ期間上位5カ国に含まれていました。

ネイチャー(Nature)とザ・ランセット(The Lancet)など5大医学ジャーナルが載せた論文数を基準に論文の質を評価した時も日本の学問的技量は落ちた。

この分野で日本の順位は2020年18位から2021年30位に落ちた。

専門家によると、日本の暗い成果は、テーマを探求する日本の研究者の数、研究環境、他の国と比較して資金が比較的少ないことから来ています。

米国国立保健院(National Institutes of Health)は、感染症研究のために毎年40億9000万ドル(6000億円)を割り当てています。

これに対し、日本医療研究プロジェクトの指揮センターとして機能する日本医療研究開発庁(Japan Agency for Medical Research and Development)は、わずかな90億円を割り当てる。

感染症に関する年間研究資金は、日本の他の医療研究プロジェクトに比べて劣っている。

例えば、がん研究には180億円、iPS細胞を用いた再生医療プロジェクトには160億円が投資されています。

政府の専門家パネルは、6月の報告書で、国内ワクチンおよび医薬品開発の遅延の背後には国家の不十分な研究結果があると指摘しました。 パネルは岸田文夫首相がコロナ19ファンデミックに対する日本の対応を評価する必要性を強調した後に構成されました。

Tsujiは、日本の科学者が一般的にコロナウイルスに関する研究結果を発表するのに遅いと指摘しました。

政策立案者を意味した。問題に対する適切な措置はすぐには取れなかった」と述べた。

朝日新聞

READ  「恐竜のためのもの」:ねじの小惑星衝突の成功に世界が反応した方法宇宙

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close