理科

日本、COVID-19の予防接種のために海外に向かう学生の優先順位

日本政府は、9月から新学期を控えCOVID-19ワクチンの発売を控えて海外の大学に進学を希望する学生を優先すると木曜日消息筋が伝えた。

米国のような国の一部の学校では、生徒が対面授業に参加できるようにする前に予防接種を受けなければならないという要件を採用したからです。

これらの大学に進学する学生は、日本が仕事とキャンパスでのワクチンの発売を拡大する6月21日以降に資格になる消息筋は伝えた。

現在、医療従事者と65歳以上の人々が予防接種を受ける唯一のグループであり、糖尿病のような基礎疾患がある人は、今月末に参加する予定です。

学位プログラムに登録した学生のみ資格が与えられ、短期プログラムは除外されます。 接種後、海外の大学に提出することができる証明書を受け取ります。

教育文化体育科学技術部は、今月に予約を処理するために専用のウェブサイトを開設する予定であり、秋学期が始まる9月まで撮影管理を完了する計画である。

文部科学省によると、2018年に海外の大学での学位コースに登録した日本人学生は58,720人で、米国18,105人、中国の14,230人、台湾9,196人だった。

日本はワクチンの発売を急いでいるが、初期には、承認手続きが遅く線量が不足して、最近では予防接種をする医療専門家が不足しています。

米国の人口の約50%に比べて、米国の人口の約9%だけ、少なくとも1回の接種を受けました。

政府は、パナソニック(Panasonic Corp.)と日本航空(Japan Airlines Co.)のような企業で接種を開始すると、努力が加速するものと期待している。 菅義偉首相は木曜日ケイダンレン(Keidanren)として知られて日本経済連合を含む主要企業グループのリーダーたちに会って協力を要請しました。

一方、加藤甲信閣僚は、日本が言葉の壁によりコロナ19治療を受けたり、予防接種を受けることが困難に苦しむことができる外国人のためのサポートを改善すると述べた。

加藤は記者会見で「(外国人居住者)が自分がサポートされている感じさせるのは、母国との関係と包容的社会の実現の観点から非常に重要です。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Facebook、学者たちは99%の精度でディープフェイクを発見したと思います。 •The Register

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close