トップニュース

日本、COVID-19ファンデミックの中でビジネス旅行者、学生に対する国境規制緩和

日本の毎日の事例は8月25,000件以上から現在平均200件以上に急減しました。 (ファイル)

東京:

日本は金曜日の短期ビジネス旅行者、留学生、その他のビザ保有者の入国を許可することを明らかにしましたが、観光客は依然として感染症の国境制限に従って禁止されています。

外務省は、月曜日から承認されたワクチンを完全に接種したビジネス訪問者は、少なくとも10日から3日間だけ隔離する必要があると述べました。

1億2,600万人を超えるこの国の毎日の事例は8月25,000人以上の記録的な最高値から現在平均200人を若干超えるレベルに急減しました。

ワクチン接種キャンペーンの遅い開始にもかかわらず、現在の人口の73%が完全に予防接種を受けています。

日本は自宅避難を下したことがないにもかかわらず、約18,000人のウイルス死亡者が比較的少ないです。

しかし、昨年の大半では、大都市は大規模なイベントのナイトライフと群衆規模を目指す制限に耐え、東京オリンピックのほとんどすべてのコンテストとイベントを非公開にしました。

日本のメディアによると、約37万人のビザ保有者が入国を待っており、徐々に入国が許可される予定だ。

日本の外務省は、ビジネス旅行者が日本にいる間は会社の責任であり、各旅行に活動計画を提供する必要があると述べました。

トリニダードトバゴ、ペルー、ベネズエラなど高リスク群に分類される3カ国の訪問者は依然として入国が禁止される。

外交部は、観光客がいつ入国できるかを明らかにしなかった。 日本は2019年に記録的な3,190万人の外国人訪問者を迎え、大流行が発生する前に2020年に4,000万人という目標を達成する軌道にありました。

菅吉秀元首相は政府の大流行対応に対する大衆の不満が部分的に作用し、任期1年ぶりに辞任しました。

彼は日曜日の総選挙で執権連合を勝利に導いた岸田文夫首相に置き換えられ、ウイルスを「最優先」とすることを約束した。

(ヘッドラインを除いて、この物語はNDTVの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードに投稿されました。)

READ  日本と中国を紛争に陥れる小さな島、いくつかの - 太平洋

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close