理科

日本、COVID-19ブースターショットにミックス&マッチアプローチ

堀内紀子(Horiuchi Noriko)ワクチンロールアウト担当大臣は、水曜日に日本政府がコロナウイルスワクチンブースター接種に混合アプローチを取ると述べた。

日本は原則として、ワクチンを接種場所ごとに1つのメーカーに制限する既存の政策で、米国製薬大企業ファイザー(Pfizer Inc.)と米国バイオテクノロジースタートアップモダナ(Moderna Inc.)が開発したコロナ19ワクチンを予防接種場所で同時に使用することを許可すると彼女は言った。

政府はまた、最初の2回の接種で使用されたものとは異なるワクチンで交差接種を承認します。

早ければ、2月に日本でモダやワクチンが追加接種に使用可能になると、人々は両方のタイプのワクチンをすべて使用する場所で、3次接種に必要なワクチンを選択することができます。

最初の2回接種はファイザーが自治体と個別病院で運営する大規模予防接種場所で、モザーやワクチ​​ンは事業場、自衛隊が管理する大規模場所、都道府県が運営する大規模予防接種場所で接種する。

政府はこのような区分をなくしてワクチン接種を加速することを目指している。

堀内氏は記者たちに「予防接種システムを改善するという観点から、様々な種類のワクチンを取り扱うことができるようにする」と述べた。

彼女はまた、ファイザーとモザーやワクチ​​ンの追加3700万ドーズが12月から来年2月までの3回目の接種のために県に配達されると述べた。

来年3月までに合計4112万ドーズが予防接種に使用される予定だ。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  地球磁気圏によって月面に水が生成されることが最初の証拠

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close