スポーツ

日本、FIBAアジアカップ予選では、中国を相手に90-84敗

日本の監督フリオラマス(Julio Lamas)は試合35分の間、良い成績を記録したが、残りの5人は、土曜日、フィリピンで行われたFIBAアジアカップ予選で中国に90-84敗のチームを失ったと述べた。

日本は第4クォーター6分30秒80から73先頭を走っていたが、中国での領域守備と戦うために、東アジアのライバルが17-4で試合を終えることができた。

66-57で敗れたから3日後に、日本は同じ相手と自分のリズムでより良い競争しました。 チームは前半には10打数20打数を記録したが、後半には4打数にとどまった。

日本は前半から45勝41敗を記録した。

Lamasは試合後パンパンガのAngeles University Foundation Gymで試合を終えた後、「このウィンドウで最高35分を走ったがクランチ時間に十分走らんでした。」と言いました。

Ryan Rossiterはベンチボスと同意し、「35分の間、チームを勝てば、通常の勝利を取得します。 しかし、コーチが言ったように、危機時に、私たちは実行しておらず、彼らは演劇をしました。 だから、彼らに感謝します。」

Rossiterは自分の部品がチームを偵察して練習するとき、「すべてのもの」を苦しんだので、中国の区域の防衛に必ず邪魔にはならなかった言いました。 彼の代わりに日本の選手たちの裁判所の決定と関連があると付け加えた。

中国のガードZhao Jiweiは土曜日FIBAアジアカップ予選大会で、日本のDaiki Tanakaがガードしフープに向かってドライブします。 | FIBA ASIA CUP提供

「私たちは、あまりにも受動であり、ゾーンを攻撃していない。「日本の良い選手の一人、31歳の彼は15得点4リバウンド6アシスト、3スティールを記録しました。 「私たちは、まるで高校のチームのようにボールを通過しました。」

負けた努力にもかかわらず、後半アカツキファイブのために小さなポイントガード富樫ゆきが入った。 167cmの選手は3クォーター後半に9点、全体17点を記録し、チーム最高記録を立てた。

1984年にロサンゼルスオリンピック以降五輪マリーナを逃したことがない中国の場合、現在の東京オリンピックで欠場の危機に瀕している、中国の場合、センターZhou Qiはゲーム最高18点を記録した。

中国は6月29日から始まるオリンピック予選大会で東京オリンピックの出場権を狙う。

日本は中国、台湾、マレーシアとFIBAアジアカップ予選B組で2-2で終わりを結んだ。

各グループの上位2チームは、ジャカルタで開かれる8月のアジアカップに進出します。 現在、日本では正式に、メイントーナメントに進出できなかった。

しかし、マレーシアはすでにトーナメントで脱退し、主催者は開催されていない、マレーシアに関連するゲームをどのように処理するかを発表していない。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Hearts:ロビーニールセンとサイドが伝えたLeanne Crichtonは言う。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close