日本、G7会議で円安抑止努力再開 By Reuters

1 min read

木原レイカ

イタリア・ストレッサ(ロイター) – 最近、債券収益率が12年ぶりに最高値に上昇したが、頑固な円安の下落を遅らせなかった日本が週末G7財務首脳会議で過剰な円の下落に対応するための努力を再開した。 。

政府と中央銀行の努力は、脆弱な経済を支えるために借入費用を低く保ちながら、消費に打撃を与える円の急落を抑える必要性とのバランスをとろうと努力し、政策立案者が直面するジレンマを強調します。

日本のロビー以来、G7財務長官は、土曜日のイタリア会議の後に発表された声明で為替レートの過度の変動性について警告するという約束を再確認しました。

この合意は、金曜日、日本の上級通貨外交官神田正人が新たな通貨市場の介入の可能性に言及し、日本は過度の円の動きに対応するために「いつでも」措置を取る準備ができていると記者たちに話した後に出た。

彼は「経済に悪影響を及ぼす過度にボラティリティが大きい動きがあるならば、我々は措置を取らなければならず、そうすることが正当であろう」と話した。

G7会議にも出席した上田一雄日本銀行(BOJ)総裁は、消費鈍化や債権利回りの上昇が通貨政策の正常化に妨げられないことを示唆した。

上田総裁は、木曜日第1四半期、国内総生産(GDP)不振が日本経済が適度な回復傾向を見せているというBOJの見解を変えなかったと述べた。 アナリストらは、経済が予想通りに動くと、BOJが今後数ヶ月以内に金利を引き上げる可能性が高いと述べた。

彼はまた、BOJがまもなく本格的な債券買収の縮小に着手するという市場予想に部分的に起因する最近の収益率が12年ぶりに最高値に上昇したことについて言及を控えました。

上田総裁は最近、日本の長期金利上昇についての質問に「私たちの基本的な立場は、市場が長期金利を決定するということだ」と述べた。

この発言は、短期金利の引き上げや大規模債券の買収規模の縮小に対する市場の期待を高めるBOJの数々の売波信号によるものです。

上田は円の動きに影響を与えるために通貨政策の使用を排除しました。 しかし、彼は円の価値が急落したため、4月29日と5月2日に政府の円の買収介入が疑われると、円の下落がインフレに与える影響について調査を拡大しました。

ロイターの世論調査によると、多くのアナリストはBOJが今年第3四半期または第4四半期に金利を引き上げると予想しています。

データクラウドの見通し

上田首相はまた、インフレが予想どおり今後数年間にわたって継続的に2%の目標を達成した場合、金利を遅らせ、着実に引き上げる準備が整っていることをBOJに知らせました。

しかし、これまでのデータは有望ではなかった。 賃金引き上げがまだ生活費の上昇に追いついていないため、消費が不振だ。

BOJが基本価格動向の主要指標として綿密に観察しているサービス部門のインフレも変動のない状態を維持しています。

SMBC日光証券の牧野純一首席エコノミストは「サービスインフレが最高潮に達した可能性が大きい」と話した。 「基本インフレが2%に向かって加速するようには思えません。」

経済のこの弱い兆候を考えると、一部のアナリストは、BOJが円の下落を遅らせるための努力の一環として、債券の購入規模を縮小するかどうかに関心を集めています。

上田首相は去る3月、急進的な通貨扶養策を終了した後、BOJの債券買取を金融政策ツールとして使用することを排除しました。 しかし、市場は、いつ縮小が始まるかについての手がかりを探すために、BOJの市場運営にまだ執着しています。

一部のアナリストは、BOJが早ければ、6月の次の政策会議で債券の購入を減らすことを決定すると予想しています。

短期的な量的緩和に対する市場の期待は、金曜日の10年満期の日本国債利回りを12年ぶりに最高値の1.005%に引き上げるのに役立ちました。

しかし、収益率の上昇は円を大きく上昇させることができなかった。 金曜日は米ドル当たり156.98で、木曜日に記録された157.19の3週間の最低値からそれほど遠くありません。

岩下まりまり大和証券上級市場エコノミストは「市場は政策変化の可能性について興奮しているように見えるが、BOJはおそらくこれらすべてについて冷静になるだろう」と述べた。 彼は6月のテーパー決定の可能性を排除しました。

「さらに、そのような措置が円の価値の下落を防ぐことができるという保証もありません.」

READ  フィリピン、インドネシアへの石炭輸出禁止の解除を求めるエネルギー
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours