日本、H3ロケットを利用して先端衛星軌道進入成功

1 min read

日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、月曜日に新しい主力ロケットであるH3を通じて、先端観測衛星を軌道に成功的に進めました。 これにより、H3が「使いやすい」ロケットとしての実現可能性を立証するためにさらに一歩近づいた。

鹿児島県谷鹿島宇宙センターの打ち上げ統制センターは、JAXA関係者が3番目のH3ロケット打ち上げの成功に抱擁すると拍手でいっぱいです。 H3は大一-4衛星を運んだ。 この衛星はAdvanced Land Observing Satellite-4とも呼ばれ、昨年3月にH3発射失敗でDaichi-3が失われた後、JAXAと三菱電機が共同で開発したものです。

JAXA H3プロジェクトチームマネージャーの真田有田は、「本当に完璧な打ち上げでした。100点満点に100点満点に100点です」

READ  米国、日本の輸出を念頭に置いて水素ハブに70億ドル投資
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours