日本、HFMD感染者数5年で初めて警告レベルを超過

1 min read
  • 日本では、手足口病(HFMD)感染者数が5年ぶりに全国的に警告レベルを超えました。
  • 国家感染病研究所(NIID)はこの数値が13週連続増加傾向を示し、医療機関当たり患者5人という警報レベルを超えたと報告しました。
  • この病気は2019年8月以降、警告レベルを超えていません。 地域的には日本中部三重県が診療所あたり平均16人以上の患者で最も多くの事例を報告し、その後に続いて兵庫県が11人以上に続いた。
  • HFMDは、手、足、口の中に水疱のような発疹を引き起こすウイルス感染症で、主に4歳未満の子供に影響を与えます。 症状には、発熱、食欲不振、不快感、皮膚の発疹、のどの痛みがあります。 舌、歯茎、ボールの内側の口の潰瘍や潰瘍もHFMD感染を示すことがあります。
  • 水族球病は夏に最も多く発生するため、日本の保健省は国民に手洗いを徹底して病気の拡散を予防するよう促しています。

また読んでください: 2024年の省庁および業務ポートフォリオに関する上位30の選択肢の問題:重工業部を誰が担当するのか?

>> ここからプレビューPDFをダウンロードしてください

Sakshi Education モバイルアプリをダウンロード

READ  SpaceXの第四高高度船打ち上げ日程が月曜日に変更されました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours