トップニュース

日本、PH、地下鉄二次次官契約締結

Carlos Dominguez 3大財務大臣とJICAフィリピン代表Azukisawa Eigoが署名したローン契約書の写しを示しています。

日本大使小川和彦(Koshikawa Kazuhiko)は、2月10日公的開発支援(ODA)次官二次契約締結式に参加しました。 2,533億7,000万円に達する次官は、Japan Internationalとメトロマニラ地下鉄プロジェクト(第1段階)に資金を提供します。 協力機関(JICA)および財務省。 Carlos Dominguez 3大財務大臣とJICAフィリピン代表Azukisawa Eigoは、2018年3月に締結された日本の1次トランチ資金1,045億3,000万円に続く協定に署名しました。

コシカワ大使は「メトロマニラ地下鉄は1970年代初めて計画されたが、約半世紀の間計画として残っていた。ドゥテルテ政府の強力な意志と決断で今回の「プロジェクト」がフィリピンのインフラ開発に対する日本の意志を確認した。世紀の「世紀」は現在着実に進んでいます。私たちのトンネル掘削機は、今年の第2四半期にメトロマニラ地域ですぐに掘削に着手することを嬉しく思います。

17の駅がある地下鉄は、ケソンシティとニノイ・アキノ国際空港間の移動時間を現在70分から35分に短縮します。

コシカワ大使は「メトロマニラ地下鉄はフィリピン経済を活性化する原動力になるだろう」とし「フィリピン人は日本がこのプロジェクトが成功裏に完了するまで、私たちの最大限の支援を継続的に拡大すると期待できる」と確信していた。

ビル、ビル、ビルプログラムによる主要開発の1つである17駅の地下鉄は、ケソンシティとニノイ・アキノ国際空港(NAIA)間の移動時間を現在70分からわずか35分に短縮し、問題を解決します。 過酷な道路網と増加する人口の交通需要により、メトロマニラの混雑が悪化しています。


READ  トヨタが日本でEV反対宣伝をこっそり広げる方法

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close