トップニュース

日本、PH災害対応努力に対する支援の更新 – Manila Bulletin

日本は、自然災害の脅威に対処するための人道支援および災害救済(HA / DR)努力でフィリピンを支援するという約束を再確認しました。

ジュマニラ日本大使館で撮影した写真

ジュマニラ日本大使館は2021年11月15日から19日まで、タギン市でフィリピン軍とHA/DR救援協力事業が終了した後に声明を出した。

大使館によると先月、HA/DR装備をフィリピンに引き渡して以来初めてHA/DR活動をしたという。

日本は2015年3月に署名した5億円の「日本災害軽減装置提供のための非プロジェクト補助金」を通じて、電気油圧装置、カッター、散布機、電気ポンプ、捜索音検知器などの捜索・救助作業を人命救助ツールを提供しました。 フィリピン軍(AFP)HA/DR。

また、津波や突然の集中大雨に関連する状況で使用するように設計された救命艇、救命胴衣、および人を燃やすことができるベルトも提供されています。

ジュマニラ日本大使館は声明で両国が自然災害にどれくらい脆弱かを言及した。

大使館は声明を通じて「自然災害に脆弱な国家として、日本とフィリピンは気候、地理、地形などにより、地震、台風などの災害に対する共通の経験を共有している」と明らかにした。

続いて「日本は自然災害の脅威に対処し、より良い社会を建設するためのHA/DR努力でフィリピンをしっかり支援する」と付け加えた。

日本の防衛省(JMOD)と日本の地上自衛隊(JGSDF)は、Taguig City Fort BonifacioのMandirigtas Training Area、Libingan ng Mga Bayaniでフィリピン軍とHA / DR協力プロジェクトを実施しました。

自衛隊43歩兵連帯訓練部隊はフィリピン陸軍525空兵戦闘大隊(ECB)と共に5日間の活動に投入された。

大使館は、両部隊が異なる災害状況でHA/DR能力を実証するためにHA/DR教育展示会を開催したと述べた。

参加者はまた講義を行い、過去のHA / DR運営に関するアイデア、課題、ベストプラクティスを交換しました。 山本康志(株)日本大使館公館次長は、第525公兵戦闘大隊司令官エルビン・ディビナグラシア(Ervin Divinagracia)中尉が率いる両国活動を参観した。

一方、日本は法律、民主的価値、領土保全、透明性、紛争の平和的解決に基づく自由で開放されたインド太平洋(FOIP)維持の重要性を再確認し協力するという意志を強調しました。 私たちの地域とその先の平和、安定、繁栄のためのさまざまな活動と協力を通じて、フィリピンや他のパートナー国と協力します。

2013年11月、日本は台風ハイジェン/ヨランダの余波でフィリピンへの支援を拡大しました。 海警と自衛隊は、被害地域への医療支援と救援品の供給のために合計1,180人の人員、3隻の船舶、16機の航空機を配置しました。


Daily Newsletterを購読する

サインアップするにはここをクリック

READ  BiggsはGosarのアニメーションビデオ「私は日本に住んでいた」を提唱します。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close