経済

日本、SL債権団会議の主催に熱心 – Business News


日本は、スリランカの負債危機を緩和するための努力で、スリランカ債権団会議を組織することに熱心であることを表明しました。

ロイター通信は昨日、東京が独立以来、最悪の負債危機からコロンボを救済するために、すべての債権国と会談を開催する意思があると報じた。 しかし消息筋は最高債権者である中国が合流するかどうかは不透明だと伝えた。

ロイターは匿名の消息筋を引用して「日本は中国との会談を駐在する意義がある」とし「2020年末、量子基準で62億ドルと推算されるスリランカの負債解決手続きを加速できるならば」と伝えた。 。

先週、ラニール・ウィクレメッシングヘ大統領は、スリランカが日本に主要債権国を量子債務の再編の会談に招待するよう要請すると記録に残した。 Wickremesingheは来月、東京で安倍晋三元首相の葬儀に出席する予定である岸田文夫首相とこの問題について議論すると発表した。

東京はスリランカの2番目に大きな債権国であり、2つの主な理由でスリランカを支援しようとしているとロイターは強調しました。 1つ目は米ドル30億ドルのローンを回収することで、2つ目はこの地域で増加する中国の存在を追跡することです。


READ  日本のサービス部門は、健康危機が需要を打つと16ヶ月の間に縮小-PMI

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close