技術

日本、UAE、水素技術、サプライチェーンコラボレーション| ビジネス| チャイナデイリー-Gooruf.com

出典:s.chinadailyhk.com

記事の要約

日本、UAE、水素技術協力、サプライチェーンコラボレーションロイター提供2021年4月8日20:58ロイター2020年10月20日、ソウルの水素自動車燃料充填所で車に燃料を補給する写真。 ED JONES / AFP)TOKYO – 日本とアラブ首長国連邦は、木曜日に水素を生産し、国際サプライチェーンを作成する技術について協力することで合意したと、日本の産業部が発表した。 日本政府は、12月に2030年までに年間水素需要を300万トンに増やすという目標を立てました。 産油国UAEとエネルギー輸入国の日本との間の協力覚書に表示されたこの協力は、水素への投資に対する熱意が高まっていることを反映します。 気候変動と戦うために役立つ可能性があります。 日本政府は、2050年までに炭素排出量ゼロに到達するためのグリーン成長戦略の一環として、12月に年間水素需要を、現在約200万トンから2030年までに300万トンで、2050年までに2,000万トンに増やすという目標を設立した。 木曜日合意の目的は、日本がUAEで生産された水素を輸入することができるはずなのに、これは化石燃料で生産されることがありますが排出物が業界で捕集され、使用されます。

記事全文を読むにはこちらをクリックしてください。

READ  シャオ米の「Miスマートバンド5」は、機能、装着性駆動時間が絶妙な注目ウェアラブル端末| TechCrunch Japan

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close