スポーツ

日本、WC22予選早期進出

ワールドカップ定期予選、日本は長い間、遅延された大陸の予選が徐々に復活することにより、カタール2022予選アジア予選3段階で最初の国になることがあります。

肇森安のサイド対決は金曜日千葉で3月に開かれる予定だったが、東南アジア諸国の混乱で延期された試合でミャンマーを相手にする。

コロナ19拡散に2019年11月以降、大陸予選2回戦で4試合ぶりに行われたが、6月15日になると、次のステップのための12個の予選が決定されます。

日本は開幕5試合で最高点を記録した、Fを率いており、2位のタジキスタン5点クッションに2019年9月からミャンマーの勝利を繰り返して前進することができる。

「私たちは、ミャンマーとの最初の試合結果に焦点を当てています。」とMoriyasuが言いました。 「私たちの目標は、このゲームで勝利し、次のラウンドに進出することです。」

日本の道は簡単ですが、アジアの主要サッカーのいくつかは、次のラウンドへの道より複雑です。

中国は試合をもっとしたA首位のシリアより8点劣っています。 中国ハンド的なゲームは、日曜日にLi Tieのサイドが、グアムに向かう競技が行われます。

中国は指導者を再整備する可能性が少なくなく、フィリピンと2位を占めるための戦いに出る。

8つのグループの勝者だけが、次のステップの予選に進出することができ、ここで4人のベスト準優勝者が参加することになります。

6月3日、香港との戦争を再開したイランはC組進出するために苦労しており、イラクとのバーレーンに続き3位を占めており、サウジアラビアは6月5日、イエメンとの試合に復帰してウズベキスタンがD組首を呼吸している。

オーストラリアは6月3日に会うのクウェートに比べグラハム・アーノルドのチームが2点優位を占めており、ジョーダンは中東デュオより1試合を少なく走るなどB組の勝者に成長すると確信しています。

興味深いグループGが6月3日、ドバイで再開されるベトナム、マレーシア、タイ、アラブ首長国連邦はほとんど分離されないものであり、韓国は6月5日1点の赤字をチェックするために、トルクメニスタンHグループの指導者と向き合うことにになります。

READ  アイランドニューギニア、日本のオークス最高の週末競馬

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close