日本、WTO会議で中国・ロシアにシーフード禁止解除を促す

Estimated read time 1 min read

ジュネーブの情報源によると、日本は水曜日の世界貿易機関(WTO)委員会で潜在的な貿易懸念を議論するために中国とロシアが課した自国の水産物輸入禁止措置を撤回するよう求めた。

日本はWTO規則に関する会議で輸入制限に関する疑問を提起するほか、日本が災害被害を受けた福島原発で処理された放射性水を放出した後に導入された輸入制限を見て、世界貿易機関に提訴することを決定するかもしれません。 科学的根拠が不足している発電所。

衛生および植物衛生対策委員会の会議では、日本の管理者は、輸入禁止措置が加盟国が科学的原則に基づいて人間の健康を保護するために必要な衛生措置を講じることを可能にするWTO協定に違反すると主張しました。

消息筋によると、米国、欧州連合(EU)、オーストラリア、英国なども日本の立場を支持した。

中国は日本産水産物輸入全面禁止は中国消費者の生命と健康を保護するためのものであり、国内法はもちろん衛生及び植物衛生措置適用に関するWTO協定にも適合すると日本の放出中断を主張した。

2023年8月29日、北京スーパーマーケットのある寿司コーナーで撮影された写真には、製品に使用されたシーフードが日本から輸入されていないという表示(L)が示されています。 中国は8月24日から福島第1原発で処理された放射性水を海に放流した後、すべての日本産水産物に対する禁止措置を下した。 (刑務所)==刑務所

一方、ロシアは放流過程に透明性が不足していると日本政府を非難した。

中国は日本が8月末、福島第一原発の廃水を太平洋に放流し始めた直後に規制措置をとり、ロシアもすぐにこれに従った。

日本は、2011年の原発事故で燃料が溶解した原子炉を解体する作業が続き、原発団地に蓄積された処理済み廃水を約30年間排出し続ける計画だ。

放射性三重水素は水処理過程で除去できないが、政府は水を希釈して三重水素濃度を国家安全基準で許容する濃度の1/40以下に減らして放流するなど放流水に対する安全性を主張してきた。 海に。

WTO委員会の会議では、日本の管理者たちはまた、世界中の原子力発電所が福島第一発電所よりも環境に多くの三重水素を排出すると述べた。

日本当局、発電所運営会社である東京電力ホールディングス(Tokyo Electric Power Company Holdings Inc.)、国際原子力機関(International Atomic Energy Agency)が実施した環境モニタリングによると、これまで発電所周辺で異常なレベルの三重水素や他の放射性物質が発見された。されていません。

IAEAは、7月に発表された報告書で、放流計画はグローバル安全基準に準拠し、人と環境に「微妙な」影響を与えると明らかにしました。


関連プレス:

中国、福島事態で日本産錦鯉輸入中止

福島処理水、技術的問題なしに放流:IAEA

中国は福島放流のため、9月に日本からシーフードを輸入しませんでした。


READ  日本コロナ19抗体有病率26.5%
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours