経済

日本から撤退するProto Labs

メープルプレーンベースのメーカー (株)プロトラプス 先週末、日本で製造施設を閉鎖する計画を発表した。

この移動により、会社は再編費用として最大950万ドルの費用がかかると予想されます。 5月31日、米国証券取引委員会に提出した資料によると。 文書は、同社が「この地域での運営を完全に中断する」と述べた。

書類には、会社が現時点で日本から撤退する理由は明記されていません。 Proto Labsは、その従業員に退職金およびその他の「転換支援」を提供します。

プロトタイプを制作し、3Dプリンティングサービスを提供するProto Labsは、2009年に日本の施設を開設し、日本の需要の増加に応えました。 近年、同社は2016年に新しい施設を開設し、日本で立地を拡大するまで行ってきました。 1年後、Proto Labsは次のように発表しました。 日本と世界の舞台での立地強化のため、日本で3つの標準化認証を獲得しました。

ミネソタ企業のグローバルな立地には、イギリス、ドイツ、スウェーデン、イタリア、フランスに事務所があります。 日本の製造施設は、アジアで会社の唯一の運営です。 米国では、Proto Labsはミネソタ、ノースカロライナ、ニューハンプシャー州、イリノイ州で製造施設を運営しています。

同社は自分自身を「注文型」デジタルメーカーと呼びます。 つまり、主に他のビジネスから要求されたプロトタイプ制作に重点を置いています。 そのサービスには射出成形、CNC加工、板金加工などがあります。

会社理事会は5月27日に日本から撤退する計画を承認しました。 SEC文書によると、これらの措置は来年中に終了するようです。

READ  木材不足と高騰価格は、日本の木材産業を脅かす

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close