日本から派遣 – 日本のコロナ19ファンデミック

1 min read

2019年11月から2020年4月までの個人ジャーナル

カラニM.藤原
解説
ハワイのヘラルドのための特別

2020年4月上旬、安倍首相は、世界を恐怖に震えた日本のCOVID-19ウイルスの拡散を軽減するために、全国的に1か月間緊急事態を宣言しました。 ファンデミックの最初の数ヶ月間、日本と世界中の人々は、ウイルスがもたらす結果について不明な多くの状況のた​​めに不安と恐怖の状態にありました。 メディアは、ニューヨーク、ロンドン、ローマに似た東京のコロナ19陽性事例が爆発的に増加すると予測していた。 マスクが不足し、多くの店でトイレットペーパーが落ちた。

2020年4月、安倍首相はコロナ19ファンデミックで日本に緊急事態を宣言しました。 その結果、渋谷交差点が幽霊都市のように変わりました。 (写真提供:朝菜)

日本政府が緊急事態を宣言するとき、ハワイ、米国本土、またはヨーロッパで課された緊急事態法、宣言および命令ほど厳格で懲罰的な場所はありません。 基本的に、日本中央政府は日本国内の地方自治体と協力して リクエスト 人々は職場や学校で家に滞在し、 リクエスト 営業時間を短縮するか、月間閉鎖する企業、 リクエスト 週末に不要なお出かけ、 リクエスト 在宅勤務を許可する職場、 リクエスト マスク・消毒剤の使用など

私は最初に笑った。 リクエスト 緊急事態の一部。 私はあなたが基本的に人々に社会の利益のために社会経済的行動を変えるための選択肢を与えているという点で非常に懐疑的でした。 韓国、台湾、ニュージーランドなどの他のアジア太平洋社会は、厳密な接触追跡方法、必須テスト、感染速度制御技術の使用を成功裏に使用してきました。

日本政府は、世界中で何千人もの人々を殺しているウイルスの拡散を防ぐために、国民に責任を持って行動するように求めていました。 日本は、ファンデミックの初期に感染率を確認し制御するために、アジア太平洋社会で使用される証明されたすべての方法論で遅れていました。

有名な渋谷クロッシングは、2013年の多方向横断歩道で同時に渡る人々の圧倒的な「スクランブル」で有名です。 (Photo by Dick Thomas Johnson)

私は日本のニュース番組から毎日出てくる入院と死亡の爆発のためにアメリカとヨーロッパのようになる運命だと思いました。 日本政府が中央政府と地方政府を問わず、世界のどの場所と同様に厳格な封じ込めと命令を開始できなかったのに、そのような理由があります。 。 したがって、政府は個人や企業に個人や企業がしないことを選んだ行為や行動を強制することはできません。 したがって、ファンデミック期間中、日本の緊急事態が「要請された」性格を帯びるようになった理由です。

本に非常電力法があるが、その法は大地震のような一回性災害に備えたものだった。 戦後、日本憲法の米国制定者は、世界各国政府が人々の行動を封じ込めて制限するよう強制した世界的な流行を想像することができなかった。 緊急事態が発効し、主な政治指導者は人々に政府の要求された指針に従うように促しました。

一晩、日本社会は全面的な自発的な社会閉鎖に入った。 コンサート、フェスティバル、スポーツイベントなどの主要イベントがキャンセルされたり、スケジュールが変更されました。 ショップ、ショッピングセンター、バー、 イザカヤ レストランは一ヶ月間自発的に閉鎖したり、営業時間を短縮した。 私たちの近所のスーパーマーケットはファンデミック以前より30分早くドアを閉め始めました。 学校は自発的に閉鎖し、教師はオンライン教育の方法を学ぶために忙しい。 在宅勤務(遠隔勤務)は、東京の伝説的な混雑電車から人々を遠ざけるために広く採用されています。 残りのオープンショップやオンラインサービスで腐敗しない商品に対する大規模なバイアウトがありました。 Uber Eatsなどの食品配達サービスは、日本の日本人にとって不可欠なサービスとなりました。 渋谷と新宿の有名な街は有名な人波がなく、「28日後」のようなゾンビ映画のディストピア的な感じでした。

この間、日本の感染率は数百人に増加し、これはすぐに米国とヨーロッパがコロナ19による入院と死亡した人々の墓に圧倒されるように社会に恐怖を呼び起こした。 数十万。 私は個人的に死の爆発が起こると予想した。 私は悪名高い あべのマスク (Abe Masks)メール. 日本政府と重要なことに、安倍政府は日本のマスク不足の問題を解決することによって、感染症に対する恐怖を和らげるために弱い努力をしました。

政府は日本のすべての居住者に再利用可能なマスク2つを送りました。 しかし、マスクは品質が低く、不適切であり、郵便で到着したときに場合によっては汚れています。 面倒なので開けずに近くの学校に寄付しました。 何百万ものアベノマスクが日本政府によって購入され、現在まで使用されていない。 この政策は日本国民の腐敗と公的資金乱用に対する批判につながった。 これは、今日まで続くコロナ19ファンデミックに対処するための日本政府の愚かで笑う政策決定の一つに過ぎません。

安倍政府は緊急事態以前に海外入国者を日本に制限して国際観光をゼロに閉鎖しています。 そのため、羽田空港(私が住んでいる場所に近く、運動するときによく歩く場所)はゴーストシティでした。 普段、国内外の観光客で賑わっていた第3ターミナル(国際線)は、無期限の扉を閉めた空港商店と食堂で空いていた。 日本の友人たちは何らかの理由で海外に行って日本に再入国した後、厳格な検疫政策のため今日まで続いているハワイに行けないと嘆いた。 ファンデミックの初期の数ヶ月間、海外から帰ってきた日本人に対する効果的な検疫政策はなかったが。 すべてが自発的だったため、海外から帰国した日本人は14日間自発的に隔離するように求められました。 この流行期間中に日本を訪れる国際観光がなかったため、全面的な崩壊が発生しました。 あるいは、ハワイのような国際観光に頼るビジネスのほぼ崩壊に近い。

私の考えには、統制されていない国際観光がファンデミックで一方的に中断されたとき、日本に住む人々に恩恵がありました。 私は今後の派遣で国際観光禁止に関するこのトピックを扱います。 しかし、日本で観光産業で働いていたら、感染症のために職業の選択に疑問が生じたでしょう。

1次緊急事態は約6週間続き、関東地域(東京、神奈川、千葉、埼玉)が最も長く続きました。 私を驚かせたのは、日本人がこれらの選択的措置にどのように従ったのかでした。 行く所ごとに人々がマスクをかけていた。 事業体が閉鎖したので、人々は家に滞在しながら在宅勤務をしました。 Netflix JapanとAmazon Prime Videoは巨大になりました。 今回のファンデミック期間中、Amazon Japanで最も売れている製品は、ニンテンドースイッチとゲームアニマルクロッシングでした。 日本社会は自己犠牲と理想を重視する社会で、100年に一度だけの感染症に対処するために集団的に努力しています。 私たちは皆、この暗い日に一緒に勝つでしょう。 見守るべきことで、まだ進行中です。

Kalani M. Fujiwaraは日本で生まれ、ハワイで育ちました。 彼は以前、Kapi’olani Community CollegeとHonolulu Community Collegeで20年間政治学を教えました。 彼は日本で12年間生き続けました。 彼は現在3番目の日本に住んでいる。

READ  ジュスタン・トリュド首相と岸田文夫日本首相
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours