日本から済州まで沿岸村、福島放流に備え

Estimated read time 1 min read

IWAKI、日本 – Takuma Ideのプラスチック手袋をはめた手は、福島県いわきの沿岸都市にあるこじんまりとした清潔なキッチンで、流しの上の小さな銀の魚を一つずつ上手に掃除します。 魚を見て、彼は自分の心を捕らえる不安を説明する言葉を見つけます。

「伝統の味を守り継承したかった。 [of my cooking] 世代を超えて」とNikkei Asiaに語った。 サンマノポポヤキ、焼きサンマで作ったハンバーガーに似たいわきの伝統珍味。 「作成が容易ではなく、私のビジネスを管理するのは危険です」とIdeは言います。 「しかし、手作りのポポヤキが故郷を連想させると言っているお客様に勇気をもらいました」

READ  日本の電子商取引大手楽天、オンライン銀行上場
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours