日本が「肉食」感染事態と戦っている中、保健当局は訪問者の不安感を癒そうと努力しています。

Estimated read time 1 min read
保健当局 日本 「肉を食べる」連鎖球菌毒性ショック症候群(STSS)症例の急激な増加に対する外国メディアの報道を無視しようとしています。 なぜそんなに早く広がると思いますか?

今回の発症に対する全世界のメディア報道ではまれですが、しばしば致命的な細菌感染症例の数が急増し、致死率が30%に達することを強調しました。

厚生省関係者は、STSS感染を心配する旅行者が日本訪問計画を取り消す必要はないと強調しながら、朝日新聞に手をよく洗い、顔面マスクを使用し、開いた傷をきれいに保つだけでも感染を予防するために十分だろうと強調しました。

月曜日、東京で人々が道を渡っている。 日本47県のうち45県で「肉食」STSS事例が報告されました。 写真:EPA-EFE
次のような場合に、発症に関するメディアの報道が強化されました。 北朝鮮 日本サッカー代表チームが先月予選のため平壌を訪問する計画を取り消した。 2026年ワールドカップ北朝鮮サッカー当局は外国人選手たちが「日本で広がる伝染病」を国内に持ち込むことができるという懸念を打ち出している。
日本保健省は次のように指摘した。 世界保健機関 旅行を制限するために移動しませんでした ヨーロッパ 2022年にも、この地域でSTSSのケースが同様に増加すると予想されます。

日本国立感染症研究所(NIID)は年初から3月10日までSTSS事例が474件で昨年全体941件より大きく増えた。 NIIDは感染症例が日本47県のうち45県で報告されるなど全国的に拡散したと明らかにした。

「電化のメカニズムについては、まだ未知の要素がたくさんあります。 [severe and sudden] 連鎖球菌の形態について説明できる段階ではない」と明らかにした。

アメリカ、第二の人間の鳥インフルエンザの事例記録、グローバルな緊張の懸念

3月29日、NIIDが発表したリスク評価では、STSSの症状が肝不全、腎不全、急性呼吸困難症候群、軟組織炎症、発疹および中枢神経系への影響を含むことが確認されました。

このウイルスを調べた結果、このウイルスはアメリカで流行していたM1UK変異体の変異体であることが示されたと付け加えました。 イギリス 2010年代には「病原性が高く伝染性があると考えられます」。

日本感染症学会会長であり、コロナ19ファンデミック期間中に政府に諮問を提供したパネル委員の立田和弘氏は「問題が深刻になっているが、まだ私たちが知らないことが多い」と話した。

「私たちはそれがイギリスに広がっていた亜種の亜種であることを知っていますが、それがいつ日本にどのように来たのかわかりません」と彼は今週アジアで語った。

健康専門家は、STSSが一般に皮膚接触を介して他の細菌と同じように拡散することを知っているが、治療が困難であることが証明されているとTatedaは認めた。

01:50

WHO、子供の呼吸器疾患の発症の中国の細部の要求

WHO、子供の呼吸器疾患の発症の中国の細部の要求

一般に、高齢者や根本的な健康上の問題を抱えている人はSTSSにかかるリスクが高いと考えられますが、この亜種は50歳未満の人にとってより多くの死を引き起こします。

彼は「感染が早すぎて進行し、患者の命を救うほど迅速に対応しにくい時もある」と話した。 「私たちは細菌を早期に発見し、人々がより良い予防策を講じることができるはずです」。

健康専門家は、痛みのある皮膚病変や扁桃腺炎から始まる症状がある人は、誰でもすぐに医学的アドバイスを求めることをお勧めします。

立田局長は「発症がさらに悪化するかどうかは言えないが、注意しなければならず、事例数と拡散を監視しなければならない」と話した。

READ  日本、2022年1月に2次対面首脳会談開催可能性最新ニュースインド
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours