エンターテインメント

日本がアウトドアエスケープを見つけながら飛んでいるディスクゴルフ

FUKUOKA – ディスクゴルフは日本の各階層のプレイヤーを引き付けており、大流行期間中にアクセス可能であるが挑戦的な野外活動を望む人々に人気を証明したフリスビー投げスポーツがあります。

無駄のないスポーツは、多くのコースやクラブの息苦しくてルール中心的な雰囲気なしに新鮮な空気を飲みながら、伝統的なゴルフの面白い側面を楽しもうとする多くの日本人たちに脱出口となりました。

福岡ディスクゴルフ協会副会長の森祥三氏は「健康になり、友達を作り、楽しく生涯楽しめるスポーツ」と話しました。

このスポーツは一般大衆に比較的知られていませんが、プロディスクゴルフ協会は800万から1200万人のアメリカ人が一生に一度はプレーしたことがあり、約500,000人が一般プレーヤーだと推定しています。

従来のゴルフと比較して、ディスク版のゲームは学習曲線がかなり簡単です。 男女老人 誰でも楽しめ、安価な装備と無料で楽しめる様々なコースで入場料が安い。

フリスビーゴルフやプロルフとも呼ばれるこのスポーツは、その名のと同じ形式を持っています。 プレイヤーはコースの周りにさまざまなプラスチックディスクを投げ、最終的には柱の上部にチェーン付きのバスケットで構成されたターゲットに投げます。

コースは森が茂った場合が多く、一部は効果的に森を通過することもあります。 言い換えれば、プレイヤーは障害物を越えて、越えて、下に通過するためにさまざまな投げ技術を使用する必要があります。

ディスクゴルフはゴルフが提供する多くの報酬を共有していますが、ゴルフカートがオプションではなくより物理的な負担になるだけでなく、より快適な努力です。

PDGAは、50カ所近くの提携国で全国ディスクゴルフおよびディスクスポーツ協会とパートナー関係を結んでおり、あちこちでコースが生まれています。 それはアメリカ、カナダ、北欧のスカンジナビアで非常に人気があります。

プレイヤーは、ドライバー、ミッドレンジ、パターなどのさまざまなディスクを使用して、できるだけ少ないショットでコースを完了しようとします。





2022年6月5日、福岡のある公園で男子ディスクゴルファーがディスクをバスケットに入れます。 (刑務所)

6月上旬、日本南西部の主要観光都市の一つである福岡の公園に9人のディスクゴルファーが集まり、試合を繰り広げました。

参加者の一人である会社員高賀聖治(43)は「投げるのが気持ちが良い」と話した。

また、このグループには全国チャンピオンを3回達成した46歳の療養保護者の高木梨香(Rika Takaki)もありました。

「腕の間違ったスイングはあなたの投げをめちゃくちゃにします。それは楽しいものです」と彼女は言いました。

日本ディスクゴルフ協会は、20~100メートルの長さのホールを含む全国的に50以上のコースを認めています。

福岡ディスクゴルフ協会が主催・運営する隔月イベントは、新しい形態のエンターテイメントを探している家族に大人気を集めています。 それはそれらをエクスポートし、いくつかの動きを提供し、社会的距離制限とうまく動作します。

米国とヨーロッパにはフルタイムのツアーディスクゴルファーがあり、一部は百万ドルの保証契約を締結しました。

地元の選手にとって、そのような高さはまだ現実的ではありませんが、Moriはより多くの人々、特に若い選手がこのスポーツを楽しむことを願っています。

「ディスクゴルフの未来が期待されています。若い選手を訓練したい」とモリは言いました。

READ  プレイステーション・ジャパン」をプレイ! 遊ん! 遊ん!」 Dragon Quest X Offline、Elden RingとHorizo​​n Forbidden Westを特徴とする、10月16日のライブストリームの設定

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close