トップニュース

日本がオリンピック陸上選手団を満たしながら小池男100人

小池ユキは東京オリンピックで男子100mで日本の残りのマリーナに名前を上げた。 日本の陸上連盟は、金曜日65人のチームの残りの桁を埋めるながら発表した。

1週間前に日本全国​​陸上競技選手権大会で100位以内に入ってなかった桐生義久にとブルーノデデは男4×100メートルリレーで走るようにオリンピックチームに指名された。

ユキ小池は2021年6月25日、大阪の全国陸上選手権大会で男子100m決勝で撮影されました。 (教徒)

リレー優勝は協会の戦略の一部であり、これにより、Koikeは100で実行してリレーはチャンピオンシップで200から得られた桁を放棄します。

彼の場所で元国家記録保持者であるアブドゥルハキムサニブラウン(Abdul Hakim Sani Brown)が、200で跳ねよう指名された。 サニーブラウンは、先週末、左太ももの不便レースから脱落しました。

彼はオリンピックの仲間デビュー選手の山下たと彼の3連覇のオリンピックに出場する飯塚翔太とイベントに参加する予定だ。

田中のぞみはウラベとと一緒に女性1,500人大会で日本初のオリンピック選手に選ばれました。

アスカテラこと女性100個ハードルに選ばれた3人のいずれかであり、瞳ニヤリは女性5,000人のうち1万人に集中してKaede Hagitaniは5,000人を走ることになる。

トラックの外ではNaoto Tobeが男走り高跳び、Seito Yamamotoが男棒高跳びに選ばれた。

READ  日本は進歩6.8の地震でショックを受けた。 報告された重大なけが、津波警報なし

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close