スポーツ

日本がオーストラリアのラグビーに脅威となる理由

Brave Blossomsのジェイミージョセフ監督は、日本での選手流出の増加が、オーストラリアのラグビーに大きな悩みの種となる理由について驚くべき洞察力を提供しています。

ブリスベン製品ジェームズ・ムーア(James Moore)が2019年のワールドカップで日本代表として優れていただけでなく、先週ジョセフは公式センターのディラン・ライリー(Dylan Riley)との高度な白鷺語であるジャック鼻ネルソン(Jack Cornelsen)とベンゴント(Ben Gunter )の両方が資格を得た後、50人訓練チームでオーストラリア3人をより選択した脱北のために。

現職ワラビース主張マイケルフーパー(Walabies主張マイケル・フーパー)とワールドカップ強烈な仲間ウィルエンジニア、バーナードポリ、クワッドクーパーを含むテストスターたちの日本出国がすでに大きな心配事ではなかったかのように、オーストラリアで最も賢い候補は、何百万人を追撃する見通し円は悲劇的な長期であることを証明することができます。

ジョセフは自分のチームでオーストラリアについて具体的に話をしていないことを強調しながら、「経済的にそのようなタイプの(無制限)選手が日本に行くように巨大なインセンティブがある」と認めました。

ワラビースのデイブレニー監督はすでに現金が不足しているラグビーのオーストラリアは、ロビーディーンズの無敗パナソニックワイルドナイツのような10億ドルの企業が後援する、日本のトップリーグクラブと経済的に競合することができないと、すでに懸念を表明しました。

今年の初めディーンスAAPにトップリーグがユニークで、将来に戻ってモデルと国家の健全なライフスタイルのために「選択の新しい目的地」になったと語った。

仲間キウイジョセフは、ニュージーランドとオーストラリアでは、プレイヤーを魅了するのはお金だけではないと言いながら同意する傾向があります。

「All Blacksで走って日本に来た私のような選手が私したことは、その国と恋に落ちたことです。」とJosephは言いました。

「私は言語を学びました。私は本当によく適応した私の妻はそれを楽しんだ、今ではそのような人々がた​​くさんあります。

「家族と若いカップルにラグビーをするには非常に良い場所であり、あなたの人生の次のステップを準備することと思います。」

ジョセフは、日本がオーストラリアのラグビーに及ぼす脅威に対する懸念を認識することができますが、潜在的な長期的な被害について推測するには、あまりにも早いと思います。

ライリー、鼻ネルソン、ゴントについては「ワラビーチームにいたのかどうか、誰が分かるでしょうか?」と言った。

「しかし、故郷を離れて別の場所に移動し取引をする多くの選手を失うすべての労組は、常にいくつかの痛みを伴う点があるでしょう。

「今回は私が今回選択された選手たちと一緒に資格を得だけです。彼らは日本が好きです。これからのコミットメントについて話をしました。彼らはテストラグビーをしたいです。

「だから、実際に日本でプレー選手を選択する前に、コーチとして、私たちに重要な内部基準が若干あります。 “

ジョセフはまだ日本に出場したトリオがないと強調したが、三人ともに高く評価しました。

「物理的にチームに選抜されたオーストラリアの少年3人は全員、現地の日本選手たちよりもはるかに強く、はるかに強力であり、ラグビーをはるかに長く走りました。」と彼は言いました。

「一般的に、外国人のプレイヤーを見たときに、彼らは(日本人の)遺伝学を使用して不足しているゲームの物理的な側面に貢献しています。これ以上はありません。

“またはそれらを示す経験と冷静」

ムーアのように、ライリーと鼻ネルソン(Wallaby Greg Cornelsenの息子)は、Bledisloe Cup Testで4回の試行を記録したことで有名です。 オーストラリアのスーパーラグビークラブで不要な機会を見つけて、日本に到着しました。

学長はGunterを日本に誘引し、Josephは、幼い頃からそのような選手を開発機会が魅力的だと述べた。

彼はBrisbane State High SchoolからのロックであるMooreを代表的な例として聞きました。

「その(ムーア)は、ほぼラグビー(達成)を持ってきたが、良い資質を見せました。」Josephが言いました。

「2年の間に、私たちは彼の非常に良いラグビー選手に成長させることができた彼はワールドカップで優れています。

“しかし、彼はオーストラリアでプレーしていないことです。」

READ  ホンダF1撤退の記者会見(質疑応答)[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close