日本がクリーンエネルギー問題を解決するために浮遊式海上風力をどのように活用するか

1 min read

浮遊式海上発電 〜できた 日本と世界のゲームチェンジャーになる

日本は、世紀半ばの純ゼロ目標を達成するために技術が緊急に必要です。 2011年福島第一原子力発電所事故以来、国家が以前の主要電力供給源だった原子力発電から離れた後、太陽熱に莫大な投資をしました。 今日 日本は11%以上生産 中国やアメリカよりも太陽光から得られる電力が多い。 しかし、人口密度の高い国では、ユーティリティ規模や屋上太陽光を拡大するための十分なスペースがありません。 陸上風力も平坦な土地が不足しており、ほとんど活用されません。

GXとして広く知られている日本のグリーン転換の基本方針と米国のインフレ削減法への対応で推進されている他の解決策は、水素、アンモニアを使用した石炭発電所、または炭素捕集と隔離です。 東京の目標達成に役立つ影響は限られている。

海上風力を入力してください。 日本は諸島国家として世界で7番目に広い海岸線と6番目に広い海上面積を保有しています。 しかし、これはまた、米国西海岸と同じ多くの地形学的問題を共有しています。 つまり、イギリス、デンマーク、ノルウェーなどの国が発展するのに役立つ伝統的な床固定海上風力タービンのための浅い海底が不足しているということです。 海上風力分野の世界的リーダー。 日本の風力資源を実際に活用するには、浮遊式海上風力がますます必須とされている。

現在、浮遊式海上風力は今後10年間アジアで計画された海上風力の6%に過ぎませんが、Wood Mackenzieの分析によると、設置コストが減少するにつれて、このセグメントは地域全体で580億ドルの価値がある可能性があります。 日本は現在、約5GWの風力発電量を運営していますが、海上風力開発を支援するための政策枠組みを設けることに遅れ、次の目標を達成することを目指しています。 2040年まで45GW

三菱研究所(MRI)は、日本が最大116GWの利用可能な固定床海上風力ポテンシャルを保有しているが、驚くべきことに2,940GWの浮遊ポテンシャルを保有していると推定している。 国の石炭艦隊全体を置き換えるのに十分です。。 日本はまた、浮遊式風力の分野で世界をリードし、技術開発が遅れている米国と中国よりも先を望んでいます。 MRIの研究責任者である千尋寺沢は、「日本は膨大な市場潜在力を持っていますが、それを活用するには浮遊式海上風力が必要です」と述べました。

その結果、過去数年間、米国と欧州企業は、日本の海上海上風力発電に対するパートナーシップ、協力、投資を活発に行ってきました。 三井OSKは 合弁事業 現地サプライチェーン開発を目指す英国のFlotation Energyと協力しています。

2022年、BPとMarubeniは海上風力発電を追求するためのパートナーシップを発表しました。 翌年、GEは次のように発表した。 協力関係 固定床と浮遊式海上風力機器の製造分野で東芝と協力しています。 一方、イギリスに本社を置くオクトパスエネルギー(Octopus Energy)は、顧客にクリーンエネルギーを提供するために東京ガス(Tokyo Gas)と合弁事業を設立し、今後は浮遊式海上風力タービンで生成された電力を顧客に提供できることを願っています。

そしてドイツのグローバル風力エネルギーリーダーであるRWEは、Kansai Electric Power Co.と次の契約を締結しました。 海上に大規模な浮遊式構造物を建設する 日本海岸の風力プロジェクト。

RWE Offshore Windのアジア太平洋地域の社長であるJens Bøgsted Orfeltは、「日本の海上風力発電の見通しはすばらしい」と述べた。 「私たちは、海上風力が日本のエネルギー転換の主な要因となる可能性を多く見ています。」

READ  Googleのチェス実験でAIのパフォーマンスを向上させる方法がわかりました。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours