スポーツ

日本がパキスタンをダブルスで下しデビスカップ予選進出 – スポーツ

公開日 2021年3月6日 午後2:09

Shintaro MochizukiとSho ShimabukuroはAisam-ul-Haq QureshiとAqeel Khanを4-6、6-4、6-2で勝った。

ISLAMABAD(AFP) – 日本の服飾フェアは土曜日イスラマバードで開かれたデビスカップワールドグループI 1ラウンドの試合での経験が豊富な、パキスタンデュオを破り2022予選進出を確保するためのセットで出ました。

望月慎太郎と島袋ショーが子供サムウルハク呉市とアキルカーンを1時間47分で4-6、6-4、6-2で勝った。

金曜日の両方のシングル衝突での勝利に加え、日本は全体的に引き分けで3-0リードを獲得した。

彼らは来年の予選を介してデビスカップで一桁を占めるために戦うことになる、パキスタンはワールドグループIのプレーオフを蹴る。

シングル優勝した後、日本は1位の選手である綿貫洋介の代わりに元ジュニアウィンブルドンチャンピオン望月と手をつないで、若い島袋にデビューしました。

QureshiとKhanが最初のセットを6-4で撤退し、第二のセットからの脅威的なように見られたにもかかわらず、ギャンブルは成功したが、日本のデュオが攻撃を受けるとホームフェアは、エネルギーを失った。

第二セットで遅く休息を取った後、日本ペアはCovid-19の制限により、観客レスドローに第三の序盤に壊れました。

リバースシングルは日曜日に行われます。


結果


デビスカップグループI 1ラウンド:日本三、パキスタン0

Shintaro MochizukiとSho Shimabukuro(日本)がAisam-ul-Haq QureshiとAqeel Khan(パキスタン)を獲得しました。 4-6、6-4、6-2

金曜日に:

綿貫陽介(日本)アキルカーン(パキスタン)6-3、6-2の勝利

Kaichi Uchida(Japan)beat Aisam-ul-Haq Qureshi(Pakistan)6-4 7-6(7-4)

READ  レッドブルF1、2022年のバイオ燃料E10の導入延期を希望する...ホンダのF1エンジン継続的に影響[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close