経済

日本がフライドチキンについてもっとフォークしたい理由

記事ジョブの読み込み中にプレースホルダ

一世代で初めて日本の空気中にインフレの兆しがあります。 フライドチキンのにおいがたくさんあります。

コンビニエンスストアチェーンLawson Inc.の「Karaage-kun」フライドチキンの10%の値上げは、通常は見出しを飾りません。 繰り返しますが、ほとんどの国では、そのような製品は価格が一度上がらなかった場合は36年を過ぎませんでした。 これは、円安やウクライナ戦争で投入・輸入コストが上昇し、日本の「価格引き上げラッシュ」と呼ばれる最新の事例です。 日本企業は避けられない状況に頭を下げて消費者に転家し始めた。

このような傾向は、ラーメン価格から40年の歴史上初めて10円から12円(9セント)に上がった愛される子ども用のトウモロコシスナックであるウマイボーまですべてを強打しました。 インフレは現在、4月の中央銀行の目標である2%まで加速することが広く予想され、日本銀行(BOJ)ガバナーである黒子黒田の景気扶養プログラムが注目を集めています。 金利を引き上げているBOJと連邦の政策差異が円の暴落の主犯です。

歴史的には、円安は輸出強国である日本に朗報でしたが、下落速度が話を変えています。 今年の通貨価値が11%下落したことは、家庭のエネルギーおよび食品コスト上昇の影響を怒らせています。 これは岸田文夫首相が参議院選を数ヶ月控えて欲しいものではない。 Uniqloの創設者であり、日本の最高の金持ちである田田浩一は先週、円安が「日本経済全体に悪影響を及ぼすだけだ」と宣言し、全国の多くの人々を代弁した。

しかし、黒田はコースを変更する動機がほとんどない。 より高いインフレは、彼が2013年の知事になって以来、彼が追求してきたことです。 BOJは現在、会計年度のインフレ予測値を1月の1.1%予測から1.5%-1.9%に上方調整しているとBloomberg Newsは報道しました。 先週、その問題に精通した人々の言葉を引用しました。

このような急騰は歓迎すべきことですが、BOJが超完璧な立場から抜け出すだけでは決して十分ではありません。 中央銀行は、インフレが許可された2%の目標に達するだけでなく、そのレベルを維持したいと主張してきました。 黒田は、現在のコスト上昇インフレが持続可能ではないと主張している。 賃金上昇率は緩やかで、労働市場はコビド以前よりもまだ滑らかです。 金利引き上げのような過激なものへの励ましをほとんど残さない。

とにかく、BOJは他の国とは非常に異なる圧力に直面しています。 今月の日本物価上昇率が2%を記録しても、米国の8.5%やユーロ圏の7.5%とは距離が遠い。 Citigroup Inc.のアナリストは、今週、Kurodaの任期が終わるまでマイナスの金利が維持され、彼の後任者が来年4月に政策を見直すと予想していると書いています。

為替レートのギャップを減らす動きがあるまでは、意味のある円高を予測することは困難です。 黒田は急いでいない為替レートの動きを好むが、方向に不快な兆候はほとんどない。 逆に、円安が経済全体に肯定的だという3月の黒田発言がトレーダーに現在の下落に対する許可を与えました。

一部の戦略家は現在、財務省が円を支持するために市場に介入するかどうかを推測しています。 他の人々は円が米ドル150ドルに迫った1998年に組織されたように国際的に調節された構造の可能性をスケールしています。 後退はまだ十分に劇的ではないかもしれません。 (ただし、消費者の苦情にはより敏感な政治家がいる。先日、鈴木財務相は先週円安が賃金上昇を伴わないため、むしろ有害だと述べた。) 実際、黒田という円安が次のように見える。 価格上昇を誘発しようとする彼の試み​​をいじめたデフレ事故方式を破るまさにそのものです。 2021年後半に生産者の価格が上がり始めたにもかかわらず、BOJは消費者の期待を変えることが難しいことをすぐに指摘しました。

日本銀行は1月の展望報告書で「日本では物価が容易に上がらないという前提と行動が企業を中心に深く位置づけられている」と書いた。 「原価上昇分の販売価格転価が…」 進行しない危険がある。

黒田は「良い」インフレが難しいと心配するのが正しい。 企業はしばしば価格の引き上げに頼る前に、まず自分のマージンを絞ろうとします。 フライドチキンの価格上昇は非常に珍しいことなのでニュースになります。 そして、価格弾力性のある製品メーカー、割引居酒屋パブチェーン、バリューチェーンの下にあるサプライヤーが価格を引き上げるのは難しいでしょう。 価格マージンがすでにほとんど存在していない家族の店やレストランはさらに難しいです。

この考え方を妨げるには、「悪い」インフレが少しだけ役に立つかもしれません。 もしそうなら、より高価なフライドチキンに慣れてください。

Bloomberg Opinionのこの作家と他の情報:

• 円の暴落は日本自らのジレンマ:ダニエル・モス

•日本のコロナ19の孤立が長すぎる:Gearoid Reidy

•ECBは通貨危機を避けるために行動する必要があります。Marcus Ashworth

このコラムは、編集委員会やBloomberg LPおよびその所有者の意見を必ずしも反映しているわけではありません。

Gearoid Reidyは日本を担当するBloomberg Newsシニアエディタです。 彼は以前、北アジアの速報チームを率いて東京副局長を務めた。

Daniel Moss はアジア経済を扱う Bloomberg Opinion コラムニストです。 以前は、ブルームバーグニュースのグローバル経済担当編集長を務め、アジア、ヨーロッパ、北米でチームを率いた。

このようなより多くの物語は、以下で見ることができます。 bloomberg.com/opinion

READ  市場を歪曲していないBOJのETF枚数、Kurodaは言う

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close