トップニュース

日本がポンペイオに送った高価なウイスキープレゼントはまだありません – 104.5 WOKV

ワシントン — (AP) — 米国国務省内部監視団体は木曜日、マイクポンペイオ前国務長官に行方不明と報告されたほぼ6000ドルに達する日本産ウイスキー一本が行方不明だと明らかにした。

米国務省監察官も去る1月、バイデン政権が執権した当時、米国の高官に渡されたプレゼントが保管される「プレゼント保管所」が「無秩序な状態」であることが明らかになったと述べた。 米国の上級管理への贈り物が適切に処理されるようにするには、新しい安全装置と管理が必要だと述べました。

報告書で監察官は2019年日本政府がポンペオ長官に560ドル相当の22カラット金記念コインと共に30年産サントリー日比木ウイスキー5800ドルボトルを見つけることができなかったと明らかにした。 8月に連邦官報に提出された通知書から項目が欠落していることが報告されました。

当時、ポンペオ長官は、前長官が贈り物や監察官の調査について全く知らなかったと述べた。

その後、米国政府がキャンセルされる前にG7首脳会議に出席する予定の指導者のための贈り物として購入された$ 20,000相当の陶器と銅の花瓶のコレクションも行方不明になった。 監察官は、倉庫でその花瓶とG-7記念G-7百銭トレイ、大理石の装飾箱、それぞれ680ドル相当の革ポートフォリオとともに不特定多数が発見されたと報告しました。

報告書では、「OIGは紛失した花瓶を見つけました(すべて保管中であり、部門で配達を受け入れたことはありません)」と述べました。 「しかし、OIGは金貨やウイスキーを含む他のアイテムに何が起こったのかを確認することはできませんでした。 OIGは、物品の処分を説明する在庫システムが不足しており、ギフト保管庫の外側にセキュリティカメラがないため、物品を追跡できませんでした。

記録によると、2020年8月3日から2021年1月31日の間に77人が金庫に3,051回入った。 その多くは、監察官が調査を始めるまで政府を去り、強制することができませんでした。 レポートによると、彼らの行動や金庫へのアクセスについて話してください。

監察官の報告書は、国務省がギフトアーカイブのセキュリティを強化し、セキュリティカメラを施設に設置する必要があるかどうかを決定することを勧告した。

READ  日本、ラムダの亜種の感染症の詳細情報公開

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close