日本がミャンマーを5-0に撃破し、中村と小川が支柱を迎えました。

1 min read

中村慶藤と小川コキは木曜日、日本がミャンマーとの遠征試合で5-0勝利を収め、2026年ワールドカップアジアの2次予選5試合で完璧な記録を維持しつつ、すべて支柱を迎えました。

既に資格のあるサムライブルー(Samurai Blue)は前半に攻撃手中村(Nakamura)とリッツドアン(Ritsu Doan)のゴールを決め、フォワード小川(Ogawa)が2ゴールを決め、中村(Nakamura)はヤンゴンの闘牛やスタジアム( Thuwunna Stadium)で行われたB試合が終わる頃、2番目のゴールを決めました。

3人守備を皮切りに、18位日本は17分に163位ホームチームを相手に先頭を走っていたが、神田大一が左下の広い空間で賑やかな中村を投入しました。 ランスのウィンガーは、低シュートを試みる前に内側に掘り下げた。

日本選手たちが2024年6月6日ヤンゴンで開かれたアジアサッカーワールドカップ2次予選でミャンマーを破った後歓呼している。 (刑務所)==刑務所

アジアカップで脱落して再び側面に復帰した神田は重いタックルを受けたが、ターンから低いシュートがポストを抜ける直前にようやく再び立ち上がり、後半34分図案を崩した。

ブリュンビーの攻撃手鈴木優人が日本デビュー戦休憩時間に入って静かだったのに対し、小川は後半75分、日本の3回目の交代選手である相馬由紀のクロスをヘディングシュートでつなげて半分回復したことを忘れてしまった。

小川は低相馬のクロスをミャンマーの守備陣が蹴らないと後半7分でスイープを記録し、NECネイメゲン選手はマーカーを防ぎ、中村が20m外でカーリングし、9試合で印象的な8得点を決めました。 国家代表。

日本は火曜日に広島でシリアとホーム競技を行う。


関連プレス:

サッカー:浜野が支柱を迎え、なでしこ日本がニュージーランドを4-1で破った。

サッカー:ナデシコジャパン、ニュージーランドに2-0の親善勝利を獲得

サッカー:カマダがラツィオを離れてクリスタルパレスを結婚する可能性があります


READ  日本、カタールを抜いてアジアゲームサッカー金メダル入札開始
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours