日本が予選を通過しながらオーストラリアがW/Cup打撃を受ける – Sporting Life

1 min read

オーストラリアは、2002年のワールドカップ本選の進出に失敗しましたが、Socceroosは南米5位チームと対戦するために他のアジア地域予選組3位チームとプレーオフをしなければなりません。

交代投入された水戸薫(Kaoru Mitoma)は、シドニーの雨に濡れたオリンピックスタジアムで行われたオーストラリアとの試合でオーストラリアを2-0で破り、最後の数分間2ゴールを破り、日本を7回連続ワールドカップ決勝に進出させました。 。

1998年以降、日本がオーストラリアでサカールを破った最初の勝利を収めたことで、サウジアラビアはカタールに進出でき、オーストラリアは5回連続決勝戦に進出した場合、2回のプレイオフを通過しなければならない難しい道を歩むようになりました。

楽しい予選は89分でボールがラインからブロックされ、ミトマがオーストラリアのゴールキーパーMat Ryanを通過してシュートを飛ばしたときに無得点デッドロックに向かうように見えました。

ウィンガーミトマは5分後に疲れたオーストラリアの守備をスキップし、Ryanの絶望的なダイビングの下で​​再びゴールを見つけました。

エンドワタルがミッドフィールドを走り、南野拓美が脅かし続けている中で、日本はコロナ19感染と怪我で正規チームのほぼ全体を逃したオーストラリアチームを相手に勝利する価値がありました。

南野は前半戦が終わる頃5分以内に2回も木工を迎えた。 最初のロケットは、ヘッダーロケットがロッドとポストを落としたが、ゴールから外れた。

また、読書ワールドカッププレイオフを控えています:ロナウドはポルトガルの統合を要求します

Socceroosはまた最も顕著な機会を有した。 Miki Yamaneの自策ゴールはゴールキーパーのファウルとして除外されましたが、ミッドフィールドでの所有権があまりにも多く、休憩時に日本のスピードを処理するのが困難になりました。

日本の選手たちに耐える唯一のオーストラリア選手である攻撃者Ajdin Hrusticは後半開始と同時に何度も機会を取ったが、長距離フリーキックを防ぎシュートを飛ばした。

日本は80分、森田秀正のパスが南野を6ヤードラインで見つけたが、Trent Sainsburyが立ち上がってシュートを防ぎながら突破口を作るように見えた。

Junya Itoは7分後に別の機会を得て、Mitomaが彼の遅い英雄的な行動を遂行するための道を開いた。

READ  Kai Sotto、広島、Bリーグ準決勝進出のためにリーグリーダー千葉を気絶させる
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours