日本が先端AI貨物ソリューションを公開

1 min read

日本は、今後の物流混雑危機を解決するため、東京と大阪間の500km以上の区間に貨物を輸送するAI制御自動コンベアベルトネットワークを構築する計画を発表しました。

によると 日本ニュース、国土交通省の提案では、Autoflow-Roadと呼ばれる巨大なコンベアベルトネットワークが、都市を結ぶ主要高速道路の下に建設された地下トンネルを通る線路を走ることを構想しています。 また、道路中央の地上線と一部地域の高速道路の路上を走行する予定です。

「自動化された物流道路は、傾斜した道路、中央分離帯を活用して道路空間を最大限に活用するように設計されています。 [central reservations] 道路経済研究室の上級管理者である修谷村松は「道路の下にトンネルがある」と述べた。

彼は「私たちの研究は、周囲の道路を含む道路交通への影響とコストを調査している」と述べた。

省庁のウェブサイトの文書によると、Autoflow-Roadの提案は、国が配達記事の欠如に直面するにつれて、国の差し迫った物流混雑危機に対処することを目的としています。 新しい雇用規則はまた、ドライバーの週あたりの残業をわずか18時間に制限します。 コンベアベルトは現在、道路に貨物を運ぶ25,000台のトラックを置き換えます。

野村総合研究所の最近の研究によると、2030年までに道路で輸送された貨物は14億トンに達すると予測され、これは2020年の推定値である14億3千万トンより若干減少した数値です。

研究によると、国内配送記事の人材も2020年66万人から2030年48万人に36%減少すると予想される。 これにより、輸送業界が貨物の配送需要を満たさない可能性があります。 農村地域は最も深刻な影響を受け、東北北東部と四国南部は41%のドライバー不足に直面するでしょう。

日曜日にこの計画を発表した斎藤哲夫交通部長官は、自動流路が「物流危機に直面するだけでなく、温室効果ガスの排出を減らすのに役立つだろう」と述べた。 その問題に対する議論を早速進めたい」と話した。

省は、高知県鳥形山石灰石鉱山の23kmベルトと西部サハラの遠隔鉱山から最寄りの港までリン酸塩を輸送する100kmシステムなど、既存の高容量コンベアベルトシステムで得た学習経験を活用することを目指しています。 これらの技術は、Autoflow-Roadの地上貨物トラックネットワーク開発のためのモデルを提供できます。

この提案では、最大1トンの貨物を収納できるパレットをコンベアベルトに載せ、1日24時間稼動して1日に25,000人の運転者が輸送する量と同じ量の貨物を配送する予定です。

村松氏は、プロジェクト費用について「検討中」と言いながら慎重だった。 彼は、システムがいつ動作するのか、実行するための費用のスケジュールを提供していませんでした。

読売新聞はオートフローロードの最大の課題は開発コストだと報じたが、地下トンネルとコンベヤベルト建設だけが10km区間あたり800億円(5億800万ドル)に達することができるからだ。

READ  オペレーター:福島水の放出による影響を最小限に抑える
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours