日本が円急落の新警告発表 Reuters

1 min read

著者杉山健太郎、木原レイカ

東京(ロイター) – 日本当局は通貨に対して必要な措置を取ると鈴木俊一財務長官が木曜日に話し、円がドルに比べて38年ぶりに最低値に落ちた後、為替市場に介入する準備ができたという信号を送った。

鈴木は記者たちに「為替レートが安定して動くことが望ましい。急激で一方的な動きは望ましくない。特に我々は経済への影響を深く懸念している」と話した。

彼は「私たちは緊迫感を持って動きを見て、動きの要因を分析し、必要な措置を取る」と述べた。

林義正官房長官も木曜日の記者会見で、日本が過度の為替の動きに対して「適切な」措置を取ると述べた。 彼は、円高と当局の介入の有無については言及を拒否した。

円の価値は木曜日1ドルあたり160.52ドルで、水曜日38年ぶりの最低値である160.88ドルからほんの少し離れています。

日本当局は、トレーダーが日本と米国の間の広範な金利差に焦点を当て、今年ドルに対して12%下落した円の急激な下落を防ぐという新しい圧力に直面しています。

円が主要水準である1ドルあたり160円以下に急落し、円の買収介入が差し迫ったという市場の警戒心が高まっています。

「この時点で当局はスピードだけでなく水準にも懸念し始めるだろう」と、水保証券の上級通貨戦略家政文山本氏はリサーチノートで語った。 「彼らが介入しないと、円が162に下がる危険性があります」

しかし、アナリストは、米国連邦準備制度(Fed)が金利をどれだけ早く引き下げるかについての不確実性によって引き起こされる円安の流れを覆すことができるかどうか疑問に思います。

日本銀行は差し迫った金利引き上げの兆しを見せましたが、現在のほぼゼロに近い短期政策目標が引き上げられたとしても、日本の借入費用は依然として非常に低いレベルに維持されます。

それにもかかわらず、一部のアナリストは、7月30〜31日にBOJが開かれる次期政策会議で量的緊縮(QT)計画を発表するとともに、金利を引き上げる圧力が高まる可能性があると述べています。

信徒吉高経済長官は、木曜日、政府の月間経済報告書承認会議の後、講演では、政策立案者が輸入コストの上昇によりインフレを促進する円安のリスクに警戒しなければならないと述べた。

内閣府関係者によると、記者たちに議論内容をブリーフィングしたところによると、日本銀行副総裁の新一内田は会議で「円安はインフレを引き上げる要因の一つなので、通貨政策を案内する通貨の動きを注意深く見守ること」と言ったそうです。

4月29日、日本円が1ドルあたり160.245で34年ぶりに最低値を記録した後、東京は4月末と5月初めに外国為替市場に介入するために9.8兆円(610億ドル)を使用しました。

($1 = 160.4800円)

READ  サプライチェーンの混乱、日本の店舗でのフライドチキン不足の誘発、経済ニュース、主要ニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours