日本が初めてBJKカップ決勝に進出したので、大阪は必要ありませんでした。

Estimated read time 1 min read

東京: チームメイトの日比野直美が土曜日、カザフスタンで3-1で勝利し、日本を初のビリジンキングカップ決勝に進出した後、直海大阪は出場する義務はなかった。 世界1位でグランドスラム4回の優勝者である大阪は、2020年以降初めて大会に出場し、金曜日の開幕戦で優勝しました。

しかし、ヒビノが11月セビリアで行われた決勝戦で世界ランク50位のユリア・プティンツェヴァを6-4、3-6、7-6(9/7)で勝ち、日本の座を占めた後、彼女は2回目の試合に出場する必要があるがありませんでした。 大阪はコートインタビューで「今日は試合に出場しなかったが、このチームの一員になって本当に嬉しかった」と話した。

「ナオ、お前は私たちを救った」

昨年末、出産後テニスに復帰した大阪は2022年9月、パンパシフィックオープン以来初めて日本に出場した。 金曜日、プーチンセバを6-2、7-6(7/5)で勝った。 エース15個とダブルフォルトなしで日本を2-0で前進させた。

日比野は、大阪が日本のチームメイトにプレゼントをもたらし、ロッカールームで重要な存在だったと述べた。 しかし2日目の試合で中央舞台に上がった人は日比野であり、プーチンセバを相手に4連続マッチポイントを防いだ後、また戻って3セットタイブレイカーで勝利しました。

世界ランキング79位 Hibinoは「私が試合で勝っても大丈夫か気になり始めました。多くのファンが大阪を期待していました。感情は複雑でしたが、必ず勝利を収めたかった」と話しました。 日比野は開幕日1時間ほどでアンナ・ダニリナを6-1、6-0に完破した後、2回目の絶食同点勝利を収めた。

日比野は「私が戦ってきた相手との試合をしたので、勝てるかどうか確信がなかった」と話した。 「しかし、最終セットの終わりまでに観客が本当に緊張感を高め、私はそれが何であるかを経験したかった」と述べた。 そんな雰囲気で勝つのが好きです」

カザフスタンは、ダニリナとジベック・クランバエバが、班子青山と江奈柴原を7-6(9/7)、3-6、11-9に勝ちながらダブルスデドラバーで慰めを得ました。 カザフスタンには先月、マイアミオープン決勝で敗れた世界4位のエレナ・リバキナ(Elena Rybakina)がなかった。

一方、オーストラリアは土曜日のメキシコを4-0に破り、ビリー・ジン・キングカップ決勝戦に進出し、グランドスラムチャンピオンのサマンサ・ストスールが主張を勝ち取った。 7回の優勝を果たしたこのチームは、ブリスベンのパットラフターアリーナで2日目に2-0になり、StosurがArina Rodionovaを休ませ、18歳のTaylah Prestonにデビューを果たしました。

彼女は両手で機会をとり、12歳の先輩である経験豊富なMarcela Zacariasを抜いて、6-1、6-1でメキシコの手の届かないところにタイを作りました。 ダリア・サビルとエレン・ペレスは、デッドラバーダブルスの試合で、メキシコのデュオジェシカ・ヒノホサ・ゴメスとマリア・フェルナンダ・ナバロを6-3、6-1に破り、傷に塩をかけました。 プレストンは「正直、今は泣かないように努力している」と話した。

「本当に驚くべき気持ちで、サムと残りのチームが試合をして同点を終える機会を与えてくれてありがとう。」 Zacariasは自身の22番目のBillie Jean King Cupの試合優勝を獲得し、メキシコ選手が記録の単独所有権を主張するために入札したが、2022 Rosmalen Grass CourtでWTAツアー本選デビューをした新興10代選手には相手にならなかった。 負傷前予選戦でのチャンピオンシップは彼女の発展を妨げました。 攻撃的なプレストンは37分で最初のセットを通過し、2番目のセットでは2-1でブレーキをかけて勢いを続けました。

ジャカリアスは最初のセットの途中で足首を転がし、殴打された後に涙を流し、怪我で身をかがめながら帰る道はありませんでした。 2019年と2022年にオーストラリアのトーナメント決定者に上がる上で重要な役割を果たしたストスールは、常にプレストンに対する信仰を持っていると述べました。 彼女は「今日は本当に素敵な活躍を繰り広げました。デビューしては信じられないほどです」と話しました。 「どうやらここで勝利を収めることができてとても嬉しいです」 私たちは皆、あなたを信じて、瞬間を楽しんで、あなたがプレイできることを知っている方法で遊んでください」と言いました。オフに進む必要があります – AFP

READ  ヤンキースはローテーション強化のため日本スター投手に関心を持っている
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours