日本が北朝鮮を破ってワールドカップ予選に出場

Estimated read time 1 min read

21日、日本東京国立競技場で開かれた2026年FIFAワールドカップと2027年AFCアジアカップ予選共同予選2次戦日本と北朝鮮の競技で日本の南野拓美(右)が北朝鮮のチェ・オクチョルとボールを争っている。 AP-連合

キャンセルされた北朝鮮とのワールドカップ予選戦で日本が没収敗で勝者と宣言されたとサッカー協会が土曜日日本サッカー協会に明らかにした。

FIFAは火曜日、平壌で開かれる予定だったB組の2次戦で日本を3-0で勝利したと宣言した。

開催国北朝鮮は試合をドット前に突然取り消し、孤立した国家は特別な理由を明らかにしなかった。

FIFAは、キャンセル後、国際サッカーのスケジュールにスペースが不足して予選のスケジュールを再調整しないことを発表しました。

JFAは声明を通じて「FIFA懲戒委員会は北朝鮮の0-3敗北で今回の試合を没収決定したという事実を私たちに通知した」と明らかにした。

日本は9日前、東京で北朝鮮を1-0で破り、アジア予選3戦戦勝を収めた。

今、彼らはアメリカ、カナダ、メキシコワールドカップ予選の3段階に進出するようになります。

森康ハジメ監督はJFA声明を通じて「選手たちが競技を繰り広げる重要な機会を失った」と話した。

「しかし、私はこれを肯定的に考えています。」 スペインとドイツを破って日本をカタールワールドカップ16強に進出させた森康の言葉です。

「最終予選とワールドカップに向けてさらに力を出します」 (AFP)

READ  クロアチア vs. モロッコ、ドイツ対。 日本、スペイン対。 コスタリカ、ベルギー対。 カナダ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours