トップニュース

日本が外国の「研修生」労働者のレビューを見たように、真実の瞬間

船久保東明は自分の小さな工場で労働力を確保するため必死に技術専門知識と技術を習得するために日本に来た中国「研修生」を約2010年頃、中国が日本を抜いて世界2位経済大国になったまで約20年間目を向けました。 。

彼は彼らを他の労働者のように扱った。 彼は新年のお祝いのために彼らを自分の家に招待し、彼らは一緒に旅行に行きました。 しかし、彼は今、労働力が不足しているからといって、そのような訓練生たちに依存しても、限られた期間だけ滞在できるので、中小企業を強くすることはできないと信じている。

彼は日本が当初住んで働くのに理想的な場所としての魅力を失っていると懸念している。 78歳の彼は、厳格な移民政策で有名な日本が外国人労働者問題に正面に対処しなければならないと警告する。

2020年8月4日、岩手県山田市にある水産物加工業者でベトナム技術インターン研修生が働いている。 (刑務所)

彼は、日本が経済を維持するために、より多くの外国人労働者を移民として受け入れるかどうかではなく、いつの問題だと言います。

過去20人以上の中国人研修生を受け入れた共産品試験材料製造会社の船久保(Funakubo)は「外国人労働者を受け入れ、社会に統合できる統一されたシステムが必要だ」と話した。

今後数ヶ月以内に、政府は約30年間にわたって実施されたこのプログラムを検討する予定です。 外国人が日本企業で最大5年間研修生として働き、滞在期間中に習得した専門知識と技術を伝授できます。

批評家たちは、このプログラムを低賃金、過労、人権侵害の事例を指摘しながら、安価な外国人労働力を収容するための隠蔽物と見ています。 訓練生は原則として家族を連れて行ったり転職したりすることはできません。 毎年何千人もの人々が職場で家出しています。

去る8月開脚から退いた古川吉久前法務上は「プログラムの基本哲学と実際の運営との間の乖離が過去30年間に徐々に拡大された」と話した。

彼は「結果的に技術実習生が進路計画を立てるのが難しいプログラムになり、構造的に人権侵害が発生する可能性がある」と話した。 今後のレビューとともに「歴史的解決」。

デモ隊は2022年6月12日、東京上野地域で外国人のための技術インターントレーニングプログラムの廃止を要求します。 このプログラムは、安価な労働力の輸入を隠すという批判を受けてきました。 (刑務所)

昨年10月基準で日本国内外国人労働者の約20%である約35万2000人が技術実習生だ。 ベトナムから来た人々が最大のグループを構成しました。 ベトナムはまた、建設、農業、看護などの分野で国家の深刻な労働力の欠如を解決するために、2019年に作成されたビザカテゴリである「特定機能労働者」も持っています。

技術実習生約2200人を対象としたアンケート調査によると、日本に来る前に母国でお金を借りた経験がある人が54.7%に達した。 日本入国管理局の調査によると、日本に送る企業と仲介業者に平均542,311円(3,900ドル)を支払い、ベトナム出身が平均688,143円を支払うことが分かった。

債務問題は日本とベトナムの関心事であり、現在両国はこれを解決するよう努めています。 ベトナムの要請に応じて、日本国際協力団(Japan International Cooperation Agency)が、予備研修生がベトナムから派遣を担当する日本企業および政府指定組織が提供する就職機会に関する情報に直接アクセスできるプラットフォームを作るのを支援与える準備をしています。 そのような人々。

JICAが来年のパイロット運営を経て2024年度に全面的に発売することを希望するプラットフォームの目標は、日本で働きたい人々がブローカーに高い手数料を支払うように強制されることを防止することだと関係者らは述べた。 プラットフォームはスマートフォン経由でアクセスできるようになります。


関連範囲:

日本政府、妊娠した外国人練習生の虐待を調査しない

日本、海外研修生プログラム全面レビュー


日本は人権実践で米国とヨーロッパに遅れていると考えられているため、政府は企業がサプライチェーン全体にわたって人権を尊重するようにガイドラインを設けました。 法的拘束力はないがパスポートを奪われた事例を挙げて技術インターンの権利を保護しなければならないと具体的に言及している。

移民政策および外国人労働専門家は、日本がより多くのことをしなければならないと言います。 技術実習生制度は、古くから労働需給均衡を改善するための簡単な解決策として活用され、企業が構造調整や生産性向上なしに手軽に安価な労働力を確保できるようにしてくれると指摘する。

鈴木絵里子東京国志館大学教授は「日本人が好まない仕事を外国人労働者が満たすことができるという観点からは持続可能ではないだろう」とし「研修生制度を廃止しなければならない」と話した。

実際に日本で働くことの魅力は、ベトナム、ネパール、インドネシア、中国で長年にわたり減少しており、故国と日本の最低賃金格差が狭くなっています。 Daiichi-Life Research Instituteの経済学者。

ベトナム人は10年前、本国より日本で働いて約40倍以上のお金を稼いだが、昨年は約20倍でした。 北野氏は、日本や韓国などの最低賃金が急激に上昇する他のアジア諸国との競争がさらに激しくなっていると述べた。

専門家らは、日本が競争力を高める方法と、異なる言語を使用する様々な国籍や文化を持つ人々と一緒に暮らすことがどのような意味なのか真剣に再考する責任があると述べています。

鈴木氏は、「日本の人口は減少しており、農村地域はさらにそうです。そこは、地域社会の一部となる長期の外国人住民が必要な場所です」と語った。

「そして多様な社会が働くためには、多くに吸い込まれる少数が単純にするわけではありません。多数も変化しなければなりません」と彼女は言いました。

READ  「Destruction AllStars」人種とアクションを組み合わせたPS5タイトルが2021年2月に発売延期。 発売2ヶ月PS Plus加入者に無料で配布 - ファミ通.com

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close