日本が外国人観光客に再開するにつれて、マスクの指示はあいまいです。

Estimated read time 1 min read

多くの海外国では、マスク着用規則が緩和されたり廃止されたりすることで、外国人観光客が日本でマスク着用ガイドラインに従わない可能性があるという懸念が提起されています。

日本でも政府のマスク着用ガイドラインが緩和されていますが、ほとんどの人、特に公共交通機関を利用する人は依然として保護カバーを着用しています。

保健省の現在のガイドラインは、人々が屋内との密接な会話中にフェイスマスクを着用することをお勧めします。

しかし、ガイドラインによると、話者間の距離が2m以上で屋外にいる場合、マスクは必要ありません。 会話が最小限に抑えられている場合、マスク緩和策は屋内でも適用できます。

10月11日、個人外国人観光客の日本入国のために国境統制が緩和された時、加藤勝信厚生長官は記者会見で現在は新たな措置を考慮するよりも既存の指針に対する知識の伝播に焦点を合わせるべきだと言った。

日本の一部の地域が病気になった外国人観光客を処理できるかどうかについての懸念も提起されました。

日本の一部の地域には、外国人観光客を治療する準備が整った適切なCOVID-19検査施設や医療機関がありません。

中央政府は現在、外国人観光客が日本で病気になれば電話できる相談センターのリストを作成している。

千葉県浦安にある東京湾浦安市川医療センターの感染内科課長である小田レンタロ(Rentaro Oda)は、今夏の施設が北陸と東海地域から来た熱のある観光客を治療しなければならないと述べた。

彼は、一部の移動制限緩和が避けられないと言っても重症症状が現れる危険が高い人々が多く訪れる病院で感染予防措置を緩和することはできないと付け加えた。

東京医科大学旅行医学科特任教授の浜田敦夫は、柔軟な対応が必要だと述べた。

彼は、政府が新しい感染波を示す兆候が強く現れた場合、緩和された条件と旅行補助金プログラムを検討することを提案しました。

しかし、政府はもはや地域の医療従事者にすべての感染症例を報告し集計するように要求しなくなるため、その傾向を正確に見つけることはより困難になる可能性があります。

(この記事は熊井宏美と神宮寺美瑠が作成しました。)

READ  日本、上位上場企業に最低1名の女性役員を置くよう指示
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours