技術

日本が手紙とローテクデートが好きな理由

スワイプが疲れて、ティンダーが疲れていますか? 珍しい仲介計画が驚くべき成功を収めた日本のある都市は、昔ながらのラブレターが答えになると言います。

日本南部の宮崎に住むシングルは、低出生率を高めるための市の努力の一環として、ソウルメイトを探すためにローテク技術を活用することを推奨されています。

また読む: デート疲れ? 以下は、6つの素晴らしい最初のデートのアイデアです。

手書きの手紙の魅力に多くの若い住民が魅了され、主催側ではこのプログラムをもっと遠く離れた人々にまで拡大することにしました。

この計画を実行している地元のコンサルティング会社の責任者である宮田理恵氏は、オンラインデートと比較して、「時間がかかり、連絡先を想像することにインスピレーションを与えます」と述べました。

彼女はAFPとのインタビューで、「あなたの手書きがどれほど良いかについてではなく、あなたが手紙を書く人について深く考えながら真剣かつ慎重にすべての文字を書くという事実についてです」と言いました.

「それがまさに手紙をとても強くする理由です」と彼女は言いました。

プロジェクトが始まった2020年以降、450人が登録したが、これは当局の初期推定値の2倍以上で、約70%が20~30代である。

志願者は、Miyataチームによって審査され、彼らが好きな映画、書籍、スポーツなどの自分について提出した情報に基づいて、潜在的な求婚者と対戦します。

ただし、出会い系アプリとは異なり、新しいペンパルごとに公開される唯一の情報は、名前、職業、住所などの詳細を識別できる年齢だけです。 もちろん、プロフィール写真は表示されません。

宮田は「外見はしばしばパートナーを探す際に決定的な要素だが、手紙では性格と判断される」と話した。

手紙は主催者に投稿され、組織者は熱心な受信者に送信する前にメモにわいせつや侮辱がないかどうかをすばやく読むことができます。

これまで32組が対面すると出会いを持ち、恋愛を始めた17組のロマンスが満開だった。

宮崎に住む25歳の参加者は、このアイデアが良い思い出を呼び起こしたと言いました。

匿名を求めたある男性は、AFPに「幼い頃、片思いの女性に手紙を書いた」と話した。

「私は昔の手紙が好きだから、プログラムに参加したかったのです」

都市の独創的なアプローチにもかかわらず、世界で最も高齢の人口と最低出生率を誇る日本では、地方政府が仲介プログラムに資金を提供することは珍しいことではありません。

2021年に生まれた赤ちゃんの数は811,604人で史上最低値を記録し、今女性は生涯平均1.3人の子供を産むと予想され、これは人口を維持するのに必要な割合よりはるかに低いです。

また読む: 愛を見つけることが落胆するときに知っておくべきこと

READ  iPhone12シリーズ、iOS14.1がインストールされて出荷または - iPhone Mania

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close