日本が景気低迷に陥り、世界3位の強国席を失った理由

Estimated read time 1 min read

日本経済は10~12月第2四半期連続萎縮して景気低迷の兆しを見せ、ファンダメンタルが不安な中で世界経済順位も4位に落ちた。

木曜日、内閣府が発表した暫定資料によると、日本の第4四半期実質国内総生産(GDP)、すなわち物価上昇率を勘案した日本で生産された商品とサービス総額は前四半期比0.1%減少した。 第3四半期に0.8%減少し、2023年に減少しました。

これは実質GDPが年間0.4%減少したと解釈され、第3四半期の3.3%減少に続き、第2四半期連続マイナス成長を記録した。

一方、日本はインフレを考慮していない2023年名目GDPが4兆2100億ドルでドイツ経済規模(4兆4600億ドル)より少ないため、ドル基準でドイツに世界3位経済大国の地位を失った。 フッ化。

2023年に日本のGDPがドイツを追い越すのに寄与した注目すべき要因の一つは、日本の国内自給率が大幅に減少したことであり、日本がドイツと大きく異なる点は著しく低い国内直接投資レベル」と言いました。 第一生命研究所。

それほどバラ色ではない見通し

地元のアナリストは、木曜日のデータが地元のエコノミストの年間景気拡大の見積もりよりも驚くほど悪かったと述べた。

長浜研究員は「公式的な景気低迷ではないが、外国人投資家はこれを第2四半期連続マイナス成長を示す技術的景気低迷と解釈することもできる」と話した。

7~9月四半期の景気低迷以降、対外需要を除いた全般的な状況が悪化して不利な状況を示したとエコノミストは指摘した。

続いて「しかも実質GDPと相関関係の高い経済産業性の推定・展望産業生産指数を拡大すれば、1~3月四半期の生産が大きく減少すると見られる」と話した。 長浜が言った。

エコノミストは、能登半島地震、一部自動車メーカーの生産中断など特殊要因を挙げて生産動向とみると、日本経済が第3四半期連続萎縮を経験する可能性があると述べた。

低迷した国内需要

10~12月、日本国内総生産(GDP)の半分以上を占める民間消費は0.2%、企業投資は0.1%減少し、第3四半期連続マイナス成長を記録した。

成長がGDPに悪影響を及ぼす収入は1.7%増加し、輸出は2.6%増加しました。

木曜日のデータによると、2023年の全日本GDPは実質基準で1.9%、名目基準では5.7%成長したことがわかりました。

日本の経済成長寄与度を見ると、昨年第4四半期の成長率に対外需要が0.2%ポイント積極的に寄与した反面、国内需要は消費不振などにより0.3%ポイントマイナス寄与した。

アナリストらは、日本の内需低迷のため、四半期中のマイナス成長を免れることができず、日本の内需不振の主な原因は、物価の引き上げよりも賃金の引き上げが遅れている持続的なインフレによって家計の購買力が抑制されたためだと指摘した。

厚生労働省資料によると、2023年の日本の実質賃金は前年より2.5%減少し、2年連続減少した。

一方、総務省が実施した調査によると、日本の月平均実質家計消費支出は2023年前年比2.6%減少したことが分かった。

日本を経済4位に引き下げた円安も継続的なインフレを引き起こしている。

総務省資料によると、昨年12月基準の日本の核心消費者物価指数は、日本銀行(BOJ)目標の2%を21ヶ月連続超過した。 しかし、日本政府と中央銀行ともに日本のデフレ脱出可否をまだ確定していない状態です。

日本が物価-賃金引き上げの好循環構造を迅速に達成し、デフレ克服を助けるために政府は企業の賃金引き上げを奨励する減税など多様な対策を推進している。 昨年から国内大企業を中心に名目賃金引き上げが物価上昇に追いつかず、内需不足が引き続き日本経済成長を苦しめている。

日本の超緩和通貨政策の長期化による市場の歪みと副作用が目立つ中、実質賃金の持続的な下落もBOJにジレンマを与えている。 国内外で中央銀行のマイナス金利政策終了に対する期待が大きい。

一部の専門家は、今年の米国連邦準備制度(Fed)の潜在的な金利引き下げにより、BOJが反対措置を取って緊縮方向に進む機会が制限されており、米国の金利引き下げ前に措置が取られる可能性があると指摘しています。

現在、マスコミと専門家は、BOJがマイナス金利の脱退をあまりにも遠い将来に発表しないだろうし、最速の発表があると広く予想しています。 過熱した株式市場

理想的ではない経済指標のため、多くの市場観測者は東京株式市場の過熱を懸念しています。

JPモルガン証券ジャパンの高田正成戦略家は、買収注文の流入が経済ファンダメンタルを超え、ここ東京の過熱につながることが明らかだと述べた。

日本証券市場が上昇傾向を続けている中、実物経済の鈍化の兆しが見られ、極度の「不均衡」が現れていると日本経済誌の日本ゲイ新聞が11日報道した。

現地メディアと専門家らは昨年から日本経済に物価上昇、賃金引き上げなど肯定的な要因が現れたが、まだ好循環構造が形成されていないと見ている。 これらの要因は最近、証券市場の上昇を支える根本的な理由にはなりませんでした。

東京証券市場の急騰は、円安の中で外国資本の投機活動に大きく依存しており、外国人投資家が取引量の約70%を占めており、このような上昇傾向は主にいくつかの大型株によって主導されています。 外国資本が流出すると、市場は極端なボラティリティを経験する可能性が高くなります。

世界的に主要中央銀行が金利引き上げを続けている状況で、BOJのマイナス金利政策固守が円安の主な原因だ。 今年の日本証券市場の継続的な上昇は、米国の金利引き下げの開始とBOJの緊縮転換の市場期待が延期されたことに一部起因しています。

長浜は東京証券市場の持続的な上昇を円安に転じた。 BOJが3月以降のマイナス金利政策を取り消すことにした場合、現在の株式市場を扶養する要因が消え、春に調整局面につながる可能性がある。 これは、日本経済だけでなく世界の金融環境や通貨環境にも大きな影響を与えます。

さらに、現地の専門家の多くは、持続的な金利引き上げによって米国の金融および不動産セクターが脆弱になり、2024年に米国経済が直面する不確実性のために過熱した東京株式市場にさまざまなリスクが大きな影響を与えると指摘しています。

READ  Marketmind:アジアの経済スポットライトが巨人中国、日本を照らす
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours