日本が海底火山爆発で新島を獲得

1 min read

先月に始まった火山爆発の一連の結果、直径約100mの最近形成された大陸がイオト島の近くの表面に現れました。

TBSレポート

2023年11月10日午前09時50分

最終修正日:2023年11月10日午前09時53分

小笠原県伊藤島沖で蒸気が湧き上がっています。

“>

小笠原県伊藤島沖で蒸気が湧き上がっています。

日本は、東京から南に1,200km(745マイル)離れた海底火山爆発により、様々なコレクションを強化するために追加の島を確保し、その結果、新しい大陸が形成されたとThe Guardianが報じた。

専門家によると、この小さな島は西太平洋小笠原諸島の一部である伊藤島近くで、去る10月から始まった一連の噴火によって生まれた。

前野深市東京大地震研究所副教授は、マグマが水と相互作用して発生する爆発性噴出の一種である水馬火星噴出が伊藤沖から約1キロ離れたところで起きたことを確認した。 この活動は、直径約100メートルに達する大陸を形成しました。

去る10月末に現場を飛行した前野氏は、火山が爆発している間、数分ごとに50メートルを超える煙と火山灰の柱が湧き上がったと刑務所通信に語りました。

彼はまた、空中に突進する大きな岩と爆発のために色が変わった海に浮かぶ茶色の軽石帯を目撃したと、教徒通信が報じた。

太平洋戦争で最も激しい戦いの1つであり、日本の111の活火山の1つであるIwotoは、2021年の火山爆発後に形成された別の新しい島の近くに位置しています。 伊藤島は以前は伊織島(Iwo Jima)として知られていましたが、次のように名前が変更されました。 2007年日本当局。

この地域は火山活動が急激に爆発するのに慣れています。 日本気象庁は昨年7~12月、今年6月にも伊藤近隣で同様の爆発が観測されたと明らかにした。

マエノは、最近の島の形成は、マグマ活動がその地域で再び発生したという証拠だと述べた。 爆発が続くと、新しい島は大きくなり、形が変わる可能性がありますが、波の下に消える可能性があります。 1904年、1914年、1986年に、この地域で同様の方法で形成された島々は侵食のためにすべて消えました。

火山灰と岩の破片からなる新しい島は、波の絶え間ない攻撃に耐えるのが難しいかもしれませんが、火山活動が続くと溶岩流が発生し、最終的により硬くて耐久性のある表面を形成する可能性があります。

2013年、数週間の火山活動で島が形成され、この島は既存の島と合体し、しばらく漫画犬スヌーピーに似た新しい土地を作りました。

今年初め、地理学者たちは、以前は4つの主要島とはるかに小さく、ほとんど人が住んでいない約6,000の島で構成されていると考えられていた日本列島が実際にはその2倍で構成されていると述べました。 日本の地理情報庁は、デジタルマッピング技術を使って以前に考えていたより7,273個以上の合計14,125個の島を識別したと明らかにしました。

日本は新しい島を獲得しながら、時々島を失う。 北海道海岸から500m離れた江山部花北小島は、2018年に目立たないように波の下に滑ったと推定されています。

作家の清水宏が日本の「隠された」島への絵本の続編を書くためにこの地域を訪れるまで、誰もそれが消えたことに気づかなかった。

READ  中国が突然輸入を中止した後、濁った海で人気のある日本の鯉飼育者
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours