トップニュース

日本が熟練したネパール人就職プログラムの承認

ネパールと日本の代表団は、木曜日に会議で5,300人以上のネパール人を日本に派遣する手続きを迅速に処理することにしました。 指定された熟練労働者 プログラム。

彼らは日本語と機能試験に合格したが、日本に行けなかった。

日本は2019年3月、ネパール人に14分野の在留資格ネパール人労働者を派遣するための協力了解覚書(MOU)を締結した後、特定機能人材で労働市場を開放した。

労働雇用社会部次官のThaneshwar Bhusalは、「2019年に両国が署名した協定履行の進展は、木曜日に特定の機能労働者に関する第2次ネパール-日本共同委員会会議で検討された」と述べた。 セキュリティ。

Bhusalは、会議でネパール労働者の派遣に関する手続きを簡素化する方法も議論したと付け加えた。

一方、14の分野のうち、現在日本でネパール人労働者が利用できる分野は、看護、農業、建設、食品およびサービス業など4分野に過ぎない。

しかし、Bhusalによると、宿泊部門も10月からオープンします。

Bhusalは「私たちは日本側に他の地域も開放してもらいたい」と述べた。 「10月からネパール人のための宿泊業の仕事も開かれます」

指定された機能スタッフは日本で最長5年まで働くことができます。

READ  韓国と日本がお互いを必要とする理由 – InsideSources

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close